メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フードコート

関連キーワード

  • 五つの計画案(2015年07月10日 朝刊)

    整備計画検討委員会が提示した施設計画案は、現在の旦過市場と同じように神嶽川に張り出す形になるよう川の上に人工地盤を建設する3案と、人工地盤を建設しない2案の計5案。5案とも1〜2階に市場の店舗やフードコートなどが、上階には駐車場が入る。人工地盤を建設しない案では施設規模が小さくなる。人工地盤上に施設を建設する3案のうち最大規模の1案は、1〜2階が商業施設、3〜5階が駐車場、6〜18階に78戸のマンションを建設するとしている。人工地盤を建設すれば比較的広い施設を建設できるが、工事期間は長くなる(4年2カ月〜5年)。事業費は約50億〜100億円。人工地盤を建設しなければ工期は短くなるが(2年10カ月〜3年8カ月)、施設は少し狭くなる。事業費は45億〜60億円。

最新ニュース

【三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲】トミカやペネロペの世界観が楽しめる!GWのお出かけはご家族揃って体験できる限定イベントを多数開催!(2018/4/24)

リリース発行企業:三井不動産商業マネジメント株式会社 三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲(運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)は、新しいトミカワールドのスタートを記念したトミ…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ