メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プランクトン

関連キーワード

  • 苦潮(2008年09月30日 朝刊)

    極端に酸素の少ない「貧酸素水塊」が海面に浮上して起こる現象。貧酸素水塊は生活排水などの流入で富栄養化した海で大量のプランクトンが生まれ、その死骸(しがい)が海底で分解される際に水中の酸素を消費することで発生する。人工掘削などでできたくぼ地にたまった貧酸素水塊は水流の変化で一気に浮上した時に生物に大きな被害をもたらす。

  • 森は海の恋人運動(2011年06月01日 夕刊)

    森から流れ出た養分が川を通って海に注ぎ、植物プランクトンを育んで魚や貝などの恵みをもたらす。こうした考えに基づき、畠山重篤さんが提唱した漁師らによる植林運動。1989年、宮城県気仙沼湾へ注ぐ大川の流域で始まり、活動が全国に広がりつつある。

  • サツキマス(2012年11月17日 朝刊)

    渓流に生息するアマゴの一部が、海に下って成長。5月ごろ、産卵で川に戻ることからその名が付いた。成長すると、アマゴ特有の縦文様が消え「銀毛化」する。川では昆虫、海では主にイカナゴやイワシなどの小魚、プランクトンなどを食べる。神奈川県以西の太平洋側から、瀬戸内海に面した九州地方に分布する。

最新ニュース

ご飯のお供からお酒の肴まで青森県産の大粒ホタテを使った5種の食べ比べが出来る「ほたて食べ比べセット」が10月1日新発売!(2017/10/18)

青森県東津軽郡の木戸食品(株式会社木戸食品、代表取締役社長:木戸 宏文、青森県東津軽郡)は青森県陸奥湾産のほたてを使った加工品の開発に力を入れており、いずれも青森県産のほたてを使用した加工食品である、…[続きを読む]

写真

  • 「プランクトン」の木村里彩さん(左)と川上葉南さん
  • 「ティーンズロック」で最優秀賞だった「プランクトン」の木村里彩さん(左)と川上葉南さん=茨城県ひたちなか市
  • 「モノポリー」の滝口穂高君(右)のパフォーマンスが会場を盛り上げる=いずれも8月9日、茨城県ひたちなか市
  • 新種のクリオネ=蘭越町貝の館と富山大提供
  • 「モノポリー」の滝口穂高君(右)のパフォーマンスが会場を盛り上げる=茨城県ひたちなか市
  • 富山湾で発見された新種のクリオネ(蘭越町貝の館と富山大提供)
  • 津軽海峡で見つかったプランクトン=長崎大の筒井英人研究員提供
  • 津軽海峡で見つかった赤潮を引きおこすプランクトン。横棒は長さ10マイクロメートル(長崎大の筒井英人研究員提供)
  • アーサー・ジェフス
  • 福岡伸一さん
  • 三浦章宏with横山幸雄
  • 底まで見渡せるほど透明な青池=青森県深浦町
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ