メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

プルトニウム

関連キーワード

  • ストロンチウムとプルトニウム(2011年10月01日 朝刊)

    ストロンチウムは放射性セシウムが検出されるところで、低い割合だが一定量見つかるとされている。化学的な性質がカルシウムに似ていて水に溶けやすく、骨にたまりやすい。プルトニウム239は原爆や核燃料の材料にも使われ、半減期が約2万4千年と長い。ただし、食物から体内に取り込んでも消化管から吸収されにくく排泄(はいせつ)されやすいという。

  • 日本のプルトニウム保有量(2014年08月26日 夕刊)

    原子力委の資料によると、日本のプルトニウム保有量は2012年末で計44.241トン。このうち国内が9.295トン(9295キロ)、使用済み燃料の再処理を委託した英仏に保管中の分が34.946トン。非核保有国としては最多で核兵器5千発分を超す。プルトニウムは濃縮作業が必要なウランより核兵器に転用しやすく、核テロや核拡散を懸念する米政府は保有の最小化を求めている。

  • 核燃料サイクル(2016年01月28日 朝刊)

    原発から出た使用済み核燃料を再処理して、再び燃料に使う仕組み。日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で、使用済み核燃料からプルトニウムとウランを取り出す。加工工場(同)で混合酸化物(MOX)燃料にし、再び原発で使う。使用済み燃料から取り出したプルトニウムを再利用する高速増殖原型炉「もんじゅ」はトラブルが続いて運転の見通しが立たず、運営の見直しが迫られている。

最新ニュース

日本記者クラブ記者団に2015年に公開された北欧スウェーデンの高レベル放射性廃棄物処分の地下研究施設。同国は2020年代の処分場操業を目指しており、フィンランドとともに世界でも処分の実用化に向けたトップを走る

(核リポート)10万年埋める核のごみ、候補地どこへ(2016/08/24)

 原子力発電所の運転で生じる核のごみ(高レベル放射性廃棄物)の地層処分について、経済産業省は年内に科学的に有望だとする場所を示す方針だ。負の遺産を後世に残さないよう地層処分するのが原発の恩恵を受けた現[続きを読む]

プルトニウムをコトバンクで調べる

写真

  • 日本記者クラブ記者団に2015年に公開された北欧スウェーデンの高レベル放射性廃棄物処分の地下研究施設。同国は2020年代の処分場操業を目指しており、フィンランドとともに世界でも処分の実用化に向けたトップを走る
  • 発送電を再開した四国電力伊方原発3号機(奥)。手前右は2号機=愛媛県伊方町、朝日新聞社ヘリから
  • 再稼働した四国電力伊方原発3号機(手前)=12日、愛媛県伊方町、本社ヘリから
  • 再稼働された伊方原発3号機(右)=12日午後0時3分、愛媛県伊方町、井手さゆり撮影
  • 再稼働した四国電力伊方原発3号機(左下)=12日午前9時58分、愛媛県伊方町、朝日新聞社ヘリから、上田潤撮影
  • 1945年8月6日、広島の原爆投下直後、上空に上がるキノコ雲。手前は瀬戸内海=米軍撮影
  • ロバート・ガルーチさん
  • 広島訪問について報告するナガサキ・ユース代表団の河野早杜さん(右)と秀総一郎さん
  • 国別の核兵器保有数
  • 再稼働に向けた各原発の審査状況
  • 落合栄一郎さん=カナダ・バンクーバー、田井中雅人撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】台風には傘よりこれ!

    夜道で真価発揮のポンチョ

  • 【&TRAVEL】熱海~米原を乗り尽くす

    フリーパスで鉄道旅

  • 【&M】豊島逸夫と水野裕子が語る

    将来の不安に備える「金」

  • 【&w】女性を解き放つ服作り

    ソニア・リキエルさんの仕事

  • ブック・アサヒ・コム絵本作家いまいあやのの作品

    「自分の世界観の絵を……」

  • WEBRONZA牙むいた巨竜・中国に準備を

    「尖閣諸島を奪取する段階に」

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ