メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベトナム戦争

関連キーワード

  • ベトナム戦争(2016年02月06日 朝刊)

    第2次世界大戦後の冷戦下、インドシナ半島の旧フランス植民地で起きた戦争。親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年12月、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援した。米軍は65年2月から国境を越えて北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始。73年1月に米軍の撤退を主内容とするパリ協定が調印され、南ベトナム政府は75年4月に無条件降伏。ベトナム人の犠牲者は軍民合わせて120万〜170万人という推計がある。

  • ベトナム戦争と反戦運動(2017年10月06日 朝刊)

    インドシナ半島で親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援。米軍は65年、北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始したが、73年の和平協定で撤退。75年に南ベトナム政府が崩壊し、翌年南北が統一された。米国の戦争介入に反対する平和運動が欧米で広がり、日本でも65年結成の「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)や学生団体などが運動を展開した。

  • インドシナ難民(2016年05月23日 朝刊)

    1975年のベトナム戦争終結後、社会主義体制になったベトナム、ラオス、カンボジアからは、迫害や混乱を恐れる300万人以上がボートや陸路で国を脱出。日本政府は78〜2005年にかけて約1万1千人を受け入れた。神奈川県は80〜98年に大和定住促進センターが置かれたこともあり、全国有数の多住地域。横浜市北西部から県央、湘南などに住む。

最新ニュース

写真・図版

(クロスレビュー)映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(2018/4/16)

 スティーブン・スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が公開中だ。泥沼化するベトナム戦争の状況について、歴代の政権が事実と異なる説明を国民にしていたことを示す米国防総省の最高機密文…[続きを読む]

ベトナム戦争をコトバンクで調べる

写真

  • 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」から。メリル・ストリープ(右)がワシントン・ポスト社主のキャサリン・グラハムを、トム・ハンクスが編集主幹ベン・ブラッドリーを演じた。スピルバーグ監督は「今すぐこの映画を作らなければ」と短期間で完成させた。(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」から。メリル・ストリープ(右)がワシントン・ポスト社主のキャサリン・グラハムを、トム・ハンクスが編集主幹ベン・ブラッドリーを演じた。スピルバーグ監督は「今すぐこの映画を作らなければ」と短期間で完成させた。(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
  • アニメーション監督・高畑勲さんが死去 (C)ORICON NewS inc.
  • ラオスのトンルン首相(右)を表敬した河野外相=7日、ビエンチャン、貝瀬秋彦撮影
  • 『アメリカ 「帝国」の中の反帝国主義 トランスナショナルな視点からの米国史』
  • 運営メンバーの3人。左から橋本佳子さん、堀越一哉さん、後藤和夫さん=豊島区巣鴨4丁目
  • 加藤登紀子
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
  • ベトナム・875高地(1967年12月)
  • 由利工―日大三 四回裏日大三無死、日置は左越え本塁打を放つ。捕手井島=奥田泰也撮影
  • 試合前のあいさつに駆け出す由利工の選手たち=24日午前8時58分、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、池田良撮影
  • 中西寛さん
  • ヘルメットを照明にした店内=鈴木暁子撮影
  • 慰霊碑にハスの花を手向ける人たち=16日、旧ソンミ村、鈴木暁子撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ