メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベトナム戦争

関連キーワード

  • ベトナム戦争(2016年02月06日 朝刊)

    第2次世界大戦後の冷戦下、インドシナ半島の旧フランス植民地で起きた戦争。親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年12月、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援した。米軍は65年2月から国境を越えて北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始。73年1月に米軍の撤退を主内容とするパリ協定が調印され、南ベトナム政府は75年4月に無条件降伏。ベトナム人の犠牲者は軍民合わせて120万〜170万人という推計がある。

  • インドシナ難民(2016年05月23日 朝刊)

    1975年のベトナム戦争終結後、社会主義体制になったベトナム、ラオス、カンボジアからは、迫害や混乱を恐れる300万人以上がボートや陸路で国を脱出。日本政府は78〜2005年にかけて約1万1千人を受け入れた。神奈川県は80〜98年に大和定住促進センターが置かれたこともあり、全国有数の多住地域。横浜市北西部から県央、湘南などに住む。

  • インドシナ難民と神奈川県(2009年03月27日 朝刊)

    75年のベトナム戦争終結後に社会主義体制になったベトナム、カンボジア、ラオスのインドシナ3国から、迫害を恐れたり国の将来に不安を持ったりした140万人以上が逃れて難民となった。日本政府は78年以降、約1万1千人のインドシナ難民の定住を認めた。難民事業本部によると、昨年3月時点のインドシナ難民定住者は9931人で、2番目に多い兵庫県の1613人を大きく上回る3603人が県内に在住。国連難民高等弁務官事務所駐日事務所などによると、大和市に難民事業本部の定住促進センターがあったことや県が県営住宅の入居資格制限の緩和措置をとったこと、自動車関連産業を中心に単純労働職場が多かったことなどが県内にインドシナ難民が多い理由だという。

最新ニュース

「マケイン氏は最も勇敢な戦士」 オバマ氏がエール送る(2017/7/20)

 2008年の大統領選でマケイン氏と戦ったオバマ前大統領は19日、ツイッターで「マケイン氏は米国の英雄で、私が知っている最も勇敢な戦士だ。悪性腫瘍(しゅよう)は、自分が誰と戦っているのか分かっていない[続きを読む]

ベトナム戦争をコトバンクで調べる

写真

  • 堀尾正明アナ(2009年9月15日撮影)
  • 上原昌栄さん  
  • 歌手陣が床に伏す場面で、楽譜を手にして動きを指示する井上道義(中央)=東京都渋谷区
  • 戸田菜穂=品田裕美撮影
  • 「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」
  • 小学生にベトナム語を教える木村美咲さん=大阪府八尾市
  • クレーンで砕石が海に投入される辺野古の埋め立て工事=5月、沖縄県名護市
  • 『開高健 生きた、書いた、ぶつかった!』『美酒と黄昏』
  • 北朝鮮と南シナ海問題を巡る米中の駆け引き
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ