メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベトナム戦争

関連キーワード

  • ベトナム戦争(2016年02月06日 朝刊)

    第2次世界大戦後の冷戦下、インドシナ半島の旧フランス植民地で起きた戦争。親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年12月、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援した。米軍は65年2月から国境を越えて北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始。73年1月に米軍の撤退を主内容とするパリ協定が調印され、南ベトナム政府は75年4月に無条件降伏。ベトナム人の犠牲者は軍民合わせて120万〜170万人という推計がある。

  • インドシナ難民(2016年05月23日 朝刊)

    1975年のベトナム戦争終結後、社会主義体制になったベトナム、ラオス、カンボジアからは、迫害や混乱を恐れる300万人以上がボートや陸路で国を脱出。日本政府は78〜2005年にかけて約1万1千人を受け入れた。神奈川県は80〜98年に大和定住促進センターが置かれたこともあり、全国有数の多住地域。横浜市北西部から県央、湘南などに住む。

  • インドシナ難民と神奈川県(2009年03月27日 朝刊)

    75年のベトナム戦争終結後に社会主義体制になったベトナム、カンボジア、ラオスのインドシナ3国から、迫害を恐れたり国の将来に不安を持ったりした140万人以上が逃れて難民となった。日本政府は78年以降、約1万1千人のインドシナ難民の定住を認めた。難民事業本部によると、昨年3月時点のインドシナ難民定住者は9931人で、2番目に多い兵庫県の1613人を大きく上回る3603人が県内に在住。国連難民高等弁務官事務所駐日事務所などによると、大和市に難民事業本部の定住促進センターがあったことや県が県営住宅の入居資格制限の緩和措置をとったこと、自動車関連産業を中心に単純労働職場が多かったことなどが県内にインドシナ難民が多い理由だという。

最新ニュース

写真・図版

父の墓、やっと来られた ベトナム残留日本兵の子 朝日新聞の記事が契機に(2017/10/22)

 終戦後も日本に帰らずベトナムに残った残留日本兵の子、ゴー・ザ・カインさん(72)が21日、静岡県小山町にある亡き父の墓を初めて訪れた。長年、父の祖国に行きたいと願ってきた。日本の親族と連絡が取れなく…[続きを読む]

ベトナム戦争をコトバンクで調べる

写真

  • 1981年に帰ってきた父を囲んで、家族と撮影した写真=カインさん提供
  • 父の墓参りを終え、笑顔を見せるゴー・ザ・カインさん=21日午前、静岡県小山町、多田晃子撮影
  • 父の遺影を置いた祭壇とカインさん=ハノイ、鈴木暁子撮影
  • カウンターテナーの藤木大地
  • 父の遺影を置いた祭壇とカインさん=ハノイ
  •   
  • 対談する池上彰さん(左)と佐藤優さん=東京都千代田区有楽町、伊ケ崎忍撮影
  • 対談する池上彰さん(左)と佐藤優さん
  • 羽田空港に入ろうとして弁天橋で機動隊ともみ合う学生ら。川に落ちる学生も=1967年10月8日、大田区
  • 「原発、共謀罪、安保法制の問題、すごい時期に会長になっちゃったなっていう感じはありました」=東京都千代田区、篠田英美撮影
  •   
  • 「歴史こそ最高の大学」と話し、歴史に学ぶことの大切さを訴える和田登さん=長野市
  • ハノイの大学で25日、「戦争のない世界のため頑張ると約束します」と話すベトナム人学生の言葉を聞く森田博満さん=鈴木暁子撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ