メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • ベトナムのコメ(2011年05月09日 朝刊)

    米飯のほかフォーやブンといった米の麺、春巻きの皮にも使われる。国内需要が高いため、慢性的な不足が続いてきた。VFAによると、1989年に約1800万トンだった全国のコメ生産量は今4千万トンに増え、近年は多くのコメを輸出に回せる。一方、2008年の世界食糧危機の際、ベトナムの輸出規制が危機に拍車をかけたとされる。

  • ベトナムのコーヒー(2013年03月28日 朝刊)

    フランス統治時代の19世紀に栽培が始まった。仏語と同様、カフェと呼ぶ。1980年代から輸出し始め、安価な労働力を背景に成長し、2000年に世界第2位の輸出国となった。インスタントの原料になる安価なロブスタ種が主流。ローストした豆を粗くひき、アルミ製のフィルターに入れて湯を注ぎ、10分ほど待って飲む。

  • ベトナム戦争(2016年02月06日 朝刊)

    第2次世界大戦後の冷戦下、インドシナ半島の旧フランス植民地で起きた戦争。親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年12月、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援した。米軍は65年2月から国境を越えて北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始。73年1月に米軍の撤退を主内容とするパリ協定が調印され、南ベトナム政府は75年4月に無条件降伏。ベトナム人の犠牲者は軍民合わせて120万〜170万人という推計がある。

最新ニュース

ヒトスジシマカ=米疾病対策センター提供

今年も蚊にご用心 デング熱・ジカ熱…妊婦も不安(2016/06/26)

 蚊が飛び交う季節が、今年もやってきた。気になるのは、かゆみだけでなく、蚊がウイルスを運ぶ感染症だ。一昨年、約70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱だけでなく、中南米を中心に流行中のジカウイルス感染[続きを読む]

ベトナムをコトバンクで調べる

写真

  • ヒトスジシマカ=米疾病対策センター提供
  • 開高健(1930~89)。65年、ベトナムで従軍取材にあたる
  • 開高健(1930~89)。65年、ベトナムで従軍取材にあたる
  • 多くの鉄道ファンに見送られ、JR仙台駅を出発する国鉄型特急「485系」=18日午前9時14分、仙台市青葉区、福留庸友撮影
  • ソウル南東の原州市の飼育場で、米国の動物愛護団体「国際人道協会」のメンバーから運び出される犬。食用犬として飼育されていた=Jean Chung/(C)2016 The New York Times
  • ヒトスジシマカ=米疾病対策センター提供
  • ヒトスジシマカ=米疾病対策センター提供
  • 運賃下落が深刻な「ばら積み船」
  • 「新曲『道しるべ』は、わが鶴見さんをしのぶ歌」と話す豊田勇造さん=中京区

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】財布に優しいアイデア扇風機

    消費電力はわずか12.5W

  • 【&TRAVEL】大菩薩登山 峠で楽しむ

    アイデア海鮮親子丼

  • 【&M】博多の老舗和菓子に驚き

    近藤正臣さんの別腹スイーツ

  • 【&w】探してでも行きたい銀座の店

    ネクタイがオープンの合図

  • ブック・アサヒ・コム登場人物に自分を重ねる

    加賀乙彦が語る自作「殉教者」

  • WEBRONZAブラックバイト特殊じゃない

    人手不足、学生でも中心的戦力

  • 写真

    ハフポスト日本版 ユーロ2016を彩る美女サポーター

    応援する女性たちが熱い

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ