メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ベートーベン

関連キーワード

  • ユネスコ記憶遺産事業(MOW)(2010年04月07日 朝刊)

    文書や絵画、音楽、映画など世界の重要な記憶遺産の保護を目的にユネスコが実施する事業。MOWは「メモリー・オブ・ザ・ワールド・プログラム」の頭文字。国などから登録申請を受け、真正性や重要性、価値などを審査し登録する。これまでドイツの「ベートーベンの交響曲第9番の草稿」など200件近い登録がある。

  • ヘンデルのメサイア(2011年11月16日 夕刊)

    キリストの生誕から受難、復活までを53曲の合唱や独唱、管弦楽曲でつないだオラトリオ。ベートーベンの「第九」より80年以上前の1741年に作曲された。大きく3部に分かれており、全曲では約2時間半になる。第2部の終わりにある「ハレルヤコーラス」は有名で、聴いていたイギリス国王が起立したと伝えられることから、聴衆が起立するのが慣例になっている。

  • 板東俘虜収容所(2017年03月14日 朝刊)

    1917〜20年に旧板東町に設けられ、第1次世界大戦で日本の捕虜になったドイツ兵が最大時は千人近く暮らした。所内は自主性を重んじる気風で、印刷や建築、製パンなど幅広い分野で当時最先端の技術を使った活動が行われ、地域住民とも交流した。捕虜の楽団によるベートーベン「第九」のアジア初演でも知られる。高橋さんらと元捕虜との文通は90年代まで続いた。

最新ニュース

写真・図版

(回顧2017)クラシック 世界の「今」、あぶり出した響き(2017/12/11)

 ハインツ・ホリガーが指揮する自作「スカルダネッリ・ツィクルス」を聴きながら、詩人吉増剛造の「耳を澄ます」という言葉を思い出した(5月25日、東京オペラシティコンサートホール)。ラトビア放送合唱団とア…[続きを読む]

ベートーベンをコトバンクで調べる

写真

  • 全国共同制作プロジェクトのプッチーニ「トスカ」=東浦一夫氏撮影
  • 「学習院OB管弦楽団第76回定期演奏会」に臨む皇太子さま=10日午後、東京都豊島区の学習院大学、代表撮影
  • 東京フィル「第九」特別演奏会
  • 井上道義
  • 右からケラス、ファウスト、メルニコフ
  • 『サントリー1万人の第九』に朗読で出演した小栗旬
  • オレの獲物はビンラディン
  • 薗田憲一とデキシーキングス コンサート
  • 表情豊かにハーモニーを響かせる団員たち=神戸市灘区深田町4丁目
  • 札幌交響楽団を率いるエリシュカ=10月28日、札幌・キタラ。札響提供
  • 丸亀市の本願寺塩屋別院で撮影されたドイツ兵俘虜楽団(鳴門市ドイツ館提供)
  • 札幌交響楽団を率いるエリシュカ=10月28日、札幌・キタラ。(札響提供)
  • ビオラ奏者・店村眞積
  • 11月25日(土)@大阪サンケイホールブリーゼ (okmusic UP's)
  • 全音現代音楽シリーズ 四人組とその仲間たち 調和の原点
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】飯テロなら任せろ!

    インスタ映えする料理写真

  • 写真

    【&TRAVEL】年1度の飲み&食い倒れ祭り

    ハワイのフードイベント参戦

  • 写真

    【&M】もちもち生地の食感に衝撃!

    下北沢のおいしいイタリアン

  • 写真

    【&w】東信さんがNYTで選出

    今年を象徴するアーティスト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANできてしまうカタチを楽しむ

    「しょうぶ学園」のクラフト展

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ