メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ボーイング787型機

ボーイング787

関連キーワード

  • ボーイング787(2013年01月16日 夕刊)

    米ボーイング社が開発した最新鋭の中型旅客毅金属の代わりに炭素繊維の複合材を多用し、重量を抑えて従来機より燃費を向上させたのが特徴。三菱重工業や川崎重工業など日本企業も多く製造にかかわっている。

  • ボーイング787型機事故(2013年07月18日 朝刊)

    今年1月にバッテリーから出火が相次ぎ、世界中で運航停止になった。米国家運輸安全委員会(NTSB)などの調査チームが不具合の原因として考えられる80項目を絞り込んだ上、全てに対応できるよう改修。根本的な原因がわからないものの、米連邦航空局が4月に運航停止措置を解除した。今月12日にも英ヒースロー空港で駐機中の787型機で出火事故が起きたが、バッテリーとの関連性は薄いとみられている。

最新ニュース

中部国際空港セントレアの新ターミナルビルが本格着工(2018/5/17)

リリース発行企業:中部国際空港株式会社~2019年度上期供用開始予定の新ターミナルビル新築工事の本格着工に伴い安全祈願式を開催~中部国際空港セントレア(愛知…[続きを読む]

写真

  • ウミガメ模様が描かれたA380の機体
  • 導入する3機にはハワイの空、海、夕日をイメージした色違いのウミガメ模様が描かれる(ANA提供)
  • 空港に到着したシンガポール航空のボーイング787―10。全長が約68メートルと胴長なのが特徴だ=関西空港
  • 展示施設へと運び入れられるボーイング787初号機=17日午後、愛知県常滑市の中部空港
  • 展示施設へと運ばれる途中のボーイング787初号機。大勢の人たちが間近で見学していた=17日、愛知県常滑市の中部空港、戸村登撮影
  • 米子空港に着陸したボーイング787の第1便=境港市佐斐神町
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ