メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

ボーイング787型機

ボーイング787

B787、日本での運航再開 ANA便4カ月ぶり(5月26日)

バッテリートラブルで運航を停止していたボーイング787型機が26日、4カ月ぶりに日本での営業運航を再開した。……【記事詳細】

関連キーワード

  • ボーイング787(2013年01月16日 夕刊)

    米ボーイング社が開発した最新鋭の中型旅客毅金属の代わりに炭素繊維の複合材を多用し、重量を抑えて従来機より燃費を向上させたのが特徴。三菱重工業や川崎重工業など日本企業も多く製造にかかわっている。

  • ボーイング787型機事故(2013年07月18日 朝刊)

    今年1月にバッテリーから出火が相次ぎ、世界中で運航停止になった。米国家運輸安全委員会(NTSB)などの調査チームが不具合の原因として考えられる80項目を絞り込んだ上、全てに対応できるよう改修。根本的な原因がわからないものの、米連邦航空局が4月に運航停止措置を解除した。今月12日にも英ヒースロー空港で駐機中の787型機で出火事故が起きたが、バッテリーとの関連性は薄いとみられている。

最新ニュース

伊ランボルギーニの「ウラカン」

軽い自動車へ、素材競う 鉄に代わり炭素繊維や樹脂(2014/08/23)

 自動車のボディーで、鉄の代わりに「炭素繊維」や石油からつくった「樹脂」が使われ始めた。各国が燃費の基準を厳しくするのを見こし、車体を軽くして燃費をよくしたり、走りをよくしたりするためだ。化学メーカー[続きを読む]

PR情報

写真

  • 伊ランボルギーニの「ウラカン」
  • 日本航空の安全啓発センター。事故機の垂直尾翼の前で、事故の3カ月前に生まれた糸矢貴清さんが説明する=東京都大田区の羽田空港
  • 日本航空の安全啓発センター。事故機の垂直尾翼の前で、事故の3カ月前に生まれた糸矢貴清さんが説明する=東京都大田区の羽田空港
  • 緊急着陸した全日空ボーイング787型機のバッテリー。機体前部のメーンバッテリー(左)は真っ黒に炭化しているが、後部の補助バッテリーは正常だった=2013年1月17日、高松空港、運輸安全委員会提供
  • 世界ではじめてお目見えした、美しいブラックボディが印象的な787-9型ドリームライナー。機体にデザインされたシダは、ニュージーランドの先住民マオリにゆかりが深い
  • 「富岡製糸場」と同じ繰糸機が、「松岡」の工場ではいまも現役=酒田市仲町

注目コンテンツ

  • ショッピング聴けなくなる前にデジタル化

    思い出の名盤を劣化させない

  • ブック・アサヒ・コム東大生物部出身日テレ枡アナ

    “オタク”の世界への誘い

  • 【&M】資産形成の脇役に最適

    八木沼さんが聞く「金」の話

  • 【&w】ふくろうをペットに

    かわいい撮り下ろし写真集

  • Astand落雷からどう身を守る?

    知っておくべき基礎知識

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で働く女性たちの素顔

    アメリカ人がとらえた、北朝鮮の日常の姿。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報