メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

マンガン

関連キーワード

  • ヒ素とマンガン(2014年05月14日 夕刊)

    ヒ素は急性毒性や発がん性のほか、感覚神経や皮膚などに異常を引き起こす慢性毒性もある。バングラデシュ、台湾、チリ、米国などでは、地層から地下水へ溶け出したことによる健康被害の報告例がある。国内では、田んぼで土壌1キロ中に15ミリグラム未満、河川や湖沼で水1リットルあたり0.01ミリグラム以下、水道水でも同0.01ミリグラム以下という基準がある。マンガンは水生生物への毒性が指摘されている。微量でも水が黒ずむため、水道水では1リットル中に0.05ミリグラム以下という基準がある。いずれも沈殿させるなどの手法で、浄水場で除去が可能とされている。

  • 丹波地方のマンガン鉱山と記念館(2014年08月10日 朝刊)

    右京区京北町や南丹市一帯の鉱床で、1895(明治28)年ごろから採掘が始まった。最盛期には鉱山は約300カ所に上ったとされる。しかし安い輸入マンガンに押され、1980年代初頭までに姿を消した。丹波マンガン記念館(075・854・0046)は国道162号の下中交差点を東へ数分。大人1200円、小中学生800円。水曜休館。

最新ニュース

空気に触れなければ保存は永続的、発電持続は乾電池の2.5倍  水数滴で自ら発電する“1.5次電池”防災グッズ・備蓄に最適  マグネシウム空気電池「エネルシード」2019年に国内月産10万個の量産体制へ(2018/6/13)

次世代電池の開発・製造・販売を行う、株式会社ドリームエンジン(本社:東京都千代田区、代表取締役:田所和弘)は、自社開発したマグネシウム空気電池『enerseed(エネルシード)(R)』の量産を、201…[続きを読む]

マンガンをコトバンクで調べる

写真

  • 八女茶のティーペアリングを楽しむ参加者たち=米ニューヨーク市、江渕崇撮影
  • グラフィック・竹内修一
  • 自己修復するセラミックス
  • 自己修復するセラミックス
  • 電池(でんち)の液漏(えきも)れ
  • 京都にある「耳塚」=京都市東山区、中野晃撮影
  • エコな水素「宅配」の仕組み
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ