メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

モハメド・アリ

1972年4月1日、東京・日本武道館で、ノンタイトル戦ながら日本で初めての世界ヘビー級ランキング・ボクサーの公式戦が行われた。モハメド・アリは予告した5ラウンドKOは果たせなかったが、軽快なフットワークとスピードのあるパンチで、動きの鈍いフォスターを終始ほんろうし判定勝ちした。写真は6ラウンド右ストレートをフォスターにお見舞いするアリ(右)

<モハメド・アリ> プロボクシング元世界ヘビー級王者。「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。1967年、徴兵忌避で有罪判決を受けたが、71年、最高裁で判決は破棄された。3度の王座を獲得し、81年に引退。96年のアトランタ五輪では聖火を点火。国際オリンピック委員会から、捨てたとされる金メダルの複製が贈られた。写真は72年の日本武道館でのフォスター戦。

写真

モハメド・アリさん死去 元ヘビー級王者 差別とも闘う(2016/06/04)

 プロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリさんが3日、米アリゾナ州の病院で死去した。74歳だった。家族の代理人が「32年間にわたる、パーキンソン病との闘いの末に亡くなった」と明らかにした。アリさんは世界王者に3度なっただけでなく、リン……[続きを読む]

モハメド・アリをコトバンクで調べる

写真

  • トム・ホランド『スパイダーマン:ホームカミング』/photo:You Ishii
  • 佐藤賢一さん
  • 衣料品店で商品をととのえるモハメド・アリさん。店の売上高は1年前と比べて1割ほど減ったという=ロンドン、寺西和男撮影
  • 衣料品店で商品をととのえるモハメド・アリさん。店の売上高は1年前と比べて1割ほど減ったという=ロンドン、寺西和男撮影
  • 昨年の世界選手権で日本人初の年間チャンピオンに輝き、一躍注目される存在になった
  • アフガニスタンの首都カブールで31日、自動車爆弾の爆発で負傷した人を助ける男性ら=AFP時事
  • 敗血症はどんな病気?
  •   
  • ボブ・ディラン氏/モハメド・アリ氏/ドナルド・トランプ氏
  • 草原を歩くアフリカゾウの群れ=ケニア・アンボセリ、三浦英之撮影
  • 「空想」 絵・皆川明

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ