メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

リアリズム

関連キーワード

  • 手紙で触れられた文学者ら(2010年12月31日 朝刊)

    保田與重郎らによる日本浪曼派は、西洋的リアリズムからの脱却を目指した文学運動。戦時下の民族主義的文学の中心といわれ、三島もその影響を受けた。蓮田善明は敗戦のとき軍にいて自決した。また清水文雄は三島の恩師で、「三島由紀夫」のペンネームを与えたとされる。

  • 土門拳(2015年09月09日 朝刊)

    1909年に山形県酒田市で生まれ、90年に亡くなった写真家。川端康成やイサム・ノグチらを撮影した「風貌(ふうぼう)」(53年)▽炭鉱をテーマにした「筑豊のこどもたち」(60年)▽「古寺巡礼」第1〜5集(63〜75年)▽「生きているヒロシマ」(78年)——などを手がけた。リアリズムを追求し、妥協せずに被写体に迫る姿勢から「写真の鬼」とも呼ばれた。

最新ニュース

「否定しきれないものこそ書くべきもの」 上田岳弘さん新刊「塔と重力」(2017/8/23)

 上田岳弘(たかひろ)という作家は、時空の広がりを見渡すような、壮大な作風で注目されてきた。でも、今作は少し様子が違う。『塔と重力』(新潮社)は、予備校生の「僕」と「美希子」の出会いという、妙に平凡な[続きを読む]

リアリズムをコトバンクで調べる

写真

  • 上田岳弘さん=東京都
  • WOWOWの連続ドラマ『石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの』に主演する佐藤浩市(左)と共演の江口洋介
  • 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」のヒロインなずな(右)と主人公の典道 (C)2017「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」製作委員会
  • 民進党新代表候補の政治スタンス
  • 民進党新代表候補の政治スタンス
  • 「ワールド オブ ステラ」
  • 「ローサは密告された」
  • パストラミ+ハニーマスタード+ナイングレインズベーグル
  • 「ジョン・ウィック:チャプター2」
  • ヘイマット アトランティカ(HEIMAT ATLANTICA)のバッグコレクション「HEIMAT」がDSMGで限定販売
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ