メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

リアリズム

関連キーワード

  • 手紙で触れられた文学者ら(2010年12月31日 朝刊)

    保田與重郎らによる日本浪曼派は、西洋的リアリズムからの脱却を目指した文学運動。戦時下の民族主義的文学の中心といわれ、三島もその影響を受けた。蓮田善明は敗戦のとき軍にいて自決した。また清水文雄は三島の恩師で、「三島由紀夫」のペンネームを与えたとされる。

  • 土門拳(2015年09月09日 朝刊)

    1909年に山形県酒田市で生まれ、90年に亡くなった写真家。川端康成やイサム・ノグチらを撮影した「風貌(ふうぼう)」(53年)▽炭鉱をテーマにした「筑豊のこどもたち」(60年)▽「古寺巡礼」第1〜5集(63〜75年)▽「生きているヒロシマ」(78年)——などを手がけた。リアリズムを追求し、妥協せずに被写体に迫る姿勢から「写真の鬼」とも呼ばれた。

最新ニュース

【代官山 蔦屋書店】都築響一の書籍『着倒れ方丈記 HAPPY VICTIMS』が10年ぶりの復刊!! 代官山 蔦屋書店で写真展開催決定!(2018/1/4)

リリース発行企業:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社書店に置きたくてもおけない重版未定の書籍を復刊させるシリーズ企画 第5弾!復刊ドットコムと代官山 蔦屋書店(渋谷区猿楽町)のコンシェルジュが…[続きを読む]

リアリズムをコトバンクで調べる

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ