メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

リコール

関連キーワード

  • リコール(2013年01月10日 夕刊)

    設計や製造段階に原因がある不具合が見つかった際、メーカーが無償で修理・回収する制度。自動車関連は国土交通省、家庭用製品は経済産業省に届け出る。実施はメーカーの自主判断に任されているが、国が回収を命じる仕組みもある。経産省が回収を命じた例には、2005年の松下電器産業の石油温風機と、06年と08年のパロマ工業のガス湯沸かし器がある。

  • 大規模リコール(2011年02月13日 朝刊)

    2009年にアクセルペダルがフロアマットに引っかかり戻らなくなる恐れがあるとしてリコールを実施。10年1月にはアクセルペダル本体の不具合で一部車種の生産と販売を一時停止。プリウスでもブレーキが利きにくくなる不具合が見つかった。トヨタは同年3月に「グローバル品質特別委員会」を開き、世界の地域ごとに品質管理責任者を任命した。

  • トヨタの米リコール問題(2009年10月01日 朝刊)

    トヨタ自動車が29日、米国で販売した約380万台の車で、フロアマットがずれてアクセルペダルが踏まれたままの状態で戻らなくなる恐れがあると発表した。近く正式にリコールを発表する見通しだが、安全を優先してマットを直ちに取り外すよう呼びかけている。対象車種は北米生産の車で、「カムリ」(07〜10年モデル)やハイブリッド車「プリウス」(04〜09年モデル)、レクサス「ES350」(07〜10年モデル)、ピックアップトラックなど計7車種。車種ごとの台数は明らかにしていない。8月の4人死亡事故が調査のきっかけとなった。

最新ニュース

タカタ、再生法申請 製造業最大の経営破綻 負債1兆円超(2017/6/26)

 エアバッグの欠陥で大量リコール(回収・無償修理)を招いた自動車部品大手タカタ(東証第1部上場)が、26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理された。史上最大規模のリコールは、世界有数の自動車安全[続きを読む]

リコールをコトバンクで調べる

写真

  • 会見の冒頭、頭を下げるタカタの高田重久会長兼社長(左)ら=26日午前、東京都千代田区、川村直子撮影
  • 記者会見で唇をかむタカタの高田重久会長兼社長=26日午後0時13分、東京都千代田区、柴田悠貴撮影
  • 映画『空飛ぶタイヤ』に出演する高橋一生 (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • 記者会見するタカタの高田重久会長兼社長=2015年11月4日、東京都港区、川村直子撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ