メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ワクチン

関連キーワード

  • ワクチン(2009年05月03日 朝刊)

    体に病気に対する免疫をつくらせるため、体内に入れる病原体やその一部。主に、生きた病原体を使う「生ワクチン」(BCGなど)と、エーテルなどで無毒化した「不活化ワクチン」(通常のインフルエンザなど)に分かれる。日本のインフルエンザワクチンは不活化ワクチンだが、米国では生ワクチンも使う。

  • 欧州主要国のワクチン接種対象(2009年09月18日 朝刊)

    各国とも、ワクチン接種の優先対象者は、乳幼児、医療従事者、持病がある人などが中心。独仏伊では警察官や消防士が優先リストに加えられている。伊では、水道・電気・電話などのサービス従事者も対象。日本では今月4日、厚生労働省がワクチン接種の優先順位に関する計画案を発表。「最優先」は医療従事者、妊婦、持病がある人、幼児と乳児の両親、「優先」は小・中・高校生、高齢者としている。

  • 新型インフルエンザのワクチン(2009年11月13日 朝刊)

    季節性のワクチンは小瓶(1ミリリットル)で流通しているが、新型では大瓶(10ミリリットル)も導入された。大瓶と小瓶の割合はほぼ半々にする予定だ。1回の接種量は大人が0・5ミリリットル、6〜13歳未満は0・3ミリリットル、1〜6歳未満は0・2ミリリットル。大瓶で残さないためには大人で18人程度、子どもではその倍ほどの人数が必要になる。

最新ニュース

写真

  • 独自の用紙に予防接種の予定を書く名鉄病院予防接種センターの宮津光伸顧問。左の「予防接種カレンダー」もセンターで作った=名古屋市西区
  • 独自の用紙に予防接種の予定を書く名鉄病院予防接種センターの宮津光伸顧問。左の「予防接種カレンダー」もセンターで作った=名古屋市西区
  • 狂犬病ワクチンの集団接種に並ぶ飼い主ら=4月20日、東京都江東区の城東保健相談所
  • 狂犬病ワクチンの集団接種に並ぶ飼い主ら=4月20日、東京都江東区
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ