メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ワクチン

関連キーワード

  • ワクチン(2009年05月03日 朝刊)

    体に病気に対する免疫をつくらせるため、体内に入れる病原体やその一部。主に、生きた病原体を使う「生ワクチン」(BCGなど)と、エーテルなどで無毒化した「不活化ワクチン」(通常のインフルエンザなど)に分かれる。日本のインフルエンザワクチンは不活化ワクチンだが、米国では生ワクチンも使う。

  • 欧州主要国のワクチン接種対象(2009年09月18日 朝刊)

    各国とも、ワクチン接種の優先対象者は、乳幼児、医療従事者、持病がある人などが中心。独仏伊では警察官や消防士が優先リストに加えられている。伊では、水道・電気・電話などのサービス従事者も対象。日本では今月4日、厚生労働省がワクチン接種の優先順位に関する計画案を発表。「最優先」は医療従事者、妊婦、持病がある人、幼児と乳児の両親、「優先」は小・中・高校生、高齢者としている。

  • 新型インフルエンザのワクチン(2009年11月13日 朝刊)

    季節性のワクチンは小瓶(1ミリリットル)で流通しているが、新型では大瓶(10ミリリットル)も導入された。大瓶と小瓶の割合はほぼ半々にする予定だ。1回の接種量は大人が0・5ミリリットル、6〜13歳未満は0・3ミリリットル、1〜6歳未満は0・2ミリリットル。大瓶で残さないためには大人で18人程度、子どもではその倍ほどの人数が必要になる。

最新ニュース

アストラゼネカのデュルバルマブ、米国食品医薬品局 (FDA)より、切除不能ステージIII非小細胞肺がんの適応で承認取得(2018/2/20)

リリース発行企業:アストラゼネカ株式会社~切除不能ステージIII非小細胞肺がん治療薬として承認された唯一の免疫治療薬~~無増悪生存期間…[続きを読む]

写真

  • 朝日新聞の取材に答えるビル・ゲイツ氏=米ワシントン州カークランド、ジョン・ロック氏撮影
  • 朝日新聞の取材に答えるビル・ゲイツ氏=ワシントン州カークランド、ジョン・ロック氏撮影
  • 新生児集中治療室に運ばれた、生まれたばかりの未来ちゃん=2009年2月、相原さん提供
  • インフルエンザワクチンの作(つく)り方(かた)<グラフィック・前川明子>
  • 妊娠中のサイトメガロウイルス感染を防ぐには
  • HPVワクチンと子宮頸がん
  • 薬害オンブズパースン会議副代表の別府宏圀さん=東京都八王子市
  • 国立成育医療研究センター研究所政策科学研究部長の森臨太郎さん=東京都中央区
  • 国立精神・神経医療研究センター病院小児神経診療部長の佐々木征行さん=東京都小平市
  • 日本大学産婦人科学主任教授の川名敬さん=東京都板橋区
  • HPVワクチンを公的に導入している国/HPVワクチンをめぐる動き/子宮頸がん患者と死亡者数/ワクチン100万回接種あたりの副反応発生数の比較
  • 帯状疱疹の新しい治療薬の仕組みのイメージ/1千人あたりの年代別年間発症者数
  • 日本国際賞の受賞が決まった米エモリー大学のマックス・クーパー教授(写真左)と豪ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所のジャック・ミラー名誉教授=1月、東京都千代田区
  • 「最後の一葉」では、冷たい風雨の中で夜を徹してつたの葉を描いた老画家が肺炎で息を引き取った=弘前大学提供
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ