メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

一党独裁

関連キーワード

  • 蒋介石(2009年04月21日 朝刊)

    1887年、中国・浙江省生まれ。日本留学後、孫文の革命運動に加わり、中国国民党の軍事指導者として頭角を現す。抗日戦に勝利後、中華民国憲法を制定して総統に選出されたが共産党との内戦に敗れて49年に台湾に逃れた。「中華民国が中国の正統政権」との立場を貫き、大陸反攻を旗印に長期の戒厳令を敷いた。台湾経済の発展の基礎を作ったが2・28事件など厳しい民衆弾圧にも関与した。75年に総統のまま死去。78年に長男の蒋経国が総統に就き、国民党一党独裁体制を継承した。

  • 08憲章(2010年10月09日 朝刊)

    世界人権宣言の採択60周年を機に、2008年12月10日付でインターネット上で発表された。中国共産党の一党独裁を終わらせ、三権分立を保障する民主的憲政の下で、中華連邦共和国の樹立を主張した。当初、著名な作家や人権活動家ら303人が署名。その後署名者が増え、今月4日時点で約1万2千人に達している。憲章は共産党独裁の現状を「党の天下」と批判。「明君」(英明な君主)や「清官」(清廉な役人)に頼る臣民意識を捨てるよう訴えた。

  • 劉暁波氏(2012年10月12日 朝刊)

    1955年、吉林省長春市生まれ。滞在先の米国から89年に帰国して天安門広場での民主化運動に合流。反革命罪などでたびたび投獄や強制労働の刑罰を受けた。2008年、中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由などを求めた「08憲章」を起草した人権活動家。国家政権転覆扇動罪で有罪判決を受け、服役中の10年にノーベル平和賞を受賞した。現在も刑務所に収監されている。

最新ニュース

写真・図版

(@上海)何思う、若き中国共産党員(2017/10/10)

■特派員リポート 冨名腰隆(上海支局長) 中国共産党の第19回党大会が18日に開幕する。5年に1度の党大会は、党の憲法に相当する党規約を改めたり、新指導部を選んだりする一大イベントだ。今回は、習近平(…[続きを読む]

写真

  • 8月に出版された「習近平・知識青年としての7年の歳月」。写真は19歳の頃の習氏という
  • 全国人民代表大会(議会に相当)で、議決のための投票に臨む代表ら=2013年
  • 罵声を浴びながら演説するメルケル首相=8月29日、ビターフェルト、高野弦撮影
  • 「トランプが勝ったぞ!」。トランプ大統領の当選の夜、すっかり酔っ払って自宅で踊るビガリーノ兄弟。「米国の栄光の時代は1980年代」と語るフランクはテーブルの上でマイケル・ジャクソンの80年代のヒット曲「ビリー・ジーン」を踊った=2016年11月9日、オハイオ州トランブル郡ジラード、金成隆一撮影
  • 集会で支持者らにガッツポーズを見せるトランプ米大統領(左)と手を振るメラニア夫人=25日、オハイオ州ヤングスタウン、ランハム裕子撮影
  • 集会で支持者らにガッツポーズを見せるトランプ米大統領(左)と手を振るメラニア夫人=25日、オハイオ州ヤングスタウン、ランハム裕子撮影
  • 「台湾人が歩んだ民主化・本土化の道」討論会
  • 友人たちとの集まりで話をする劉暁波氏(手前左)=撮影時期不明、中国・北京、支援者提供(画像の一部を加工しています)
  • 劉暁波氏=ロイター
  • 劉暁波氏=ロイター
  • 「フルッタ」 絵・皆川明
  • 2005年に撮影された劉暁波氏=AFP時事
  • 劉暁波氏
  • 2005年に撮影された劉暁波氏=AFP時事
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ