メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

一党独裁

関連キーワード

  • 蒋介石(2009年04月21日 朝刊)

    1887年、中国・浙江省生まれ。日本留学後、孫文の革命運動に加わり、中国国民党の軍事指導者として頭角を現す。抗日戦に勝利後、中華民国憲法を制定して総統に選出されたが共産党との内戦に敗れて49年に台湾に逃れた。「中華民国が中国の正統政権」との立場を貫き、大陸反攻を旗印に長期の戒厳令を敷いた。台湾経済の発展の基礎を作ったが2・28事件など厳しい民衆弾圧にも関与した。75年に総統のまま死去。78年に長男の蒋経国が総統に就き、国民党一党独裁体制を継承した。

  • 08憲章(2010年10月09日 朝刊)

    世界人権宣言の採択60周年を機に、2008年12月10日付でインターネット上で発表された。中国共産党の一党独裁を終わらせ、三権分立を保障する民主的憲政の下で、中華連邦共和国の樹立を主張した。当初、著名な作家や人権活動家ら303人が署名。その後署名者が増え、今月4日時点で約1万2千人に達している。憲章は共産党独裁の現状を「党の天下」と批判。「明君」(英明な君主)や「清官」(清廉な役人)に頼る臣民意識を捨てるよう訴えた。

  • 劉暁波氏(2012年10月12日 朝刊)

    1955年、吉林省長春市生まれ。滞在先の米国から89年に帰国して天安門広場での民主化運動に合流。反革命罪などでたびたび投獄や強制労働の刑罰を受けた。2008年、中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由などを求めた「08憲章」を起草した人権活動家。国家政権転覆扇動罪で有罪判決を受け、服役中の10年にノーベル平和賞を受賞した。現在も刑務所に収監されている。

最新ニュース

写真・図版

易・次期総裁は初の米国留学組 人民銀、問われる対話力(2018/3/22)

 中国の中央銀行、中国人民銀行総裁を15年にわたって務めた周小川(チョウシアオチョワン)氏が退任し、後任に易綱(イーカン)副総裁が昇格する人事が決まった。易氏は新総裁として、過剰債務から仮想通貨まで複…[続きを読む]

一党独裁をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ