メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不妊治療をコトバンクで調べる

最新ニュース

医師会に参加呼びかけ検討 受精卵改変研究の規制 政府(2017/5/15)

 ヒト受精卵改変を伴う研究などを包括的に規制するルール作りを検討している政府が、日本医師会関係者を検討メンバーに入れる方向で検討していることがわかった。多くの受精卵を扱う不妊治療クリニックなどでの基礎[続きを読む]

関連キーワード

  • 不妊治療(2016年01月31日 朝刊)

    不妊原因がはっきりしない場合、一般的には、排卵に合わせ性交日を決める「タイミング没や精液を濃縮し子宮に注入する「人工授精」など段階的に進められ、「体外受精」へ移る。体外受精と、顕微鏡で見ながら卵子に精子を注入する「顕微授精」は「特定不妊治療」と呼ばれ国の助成対象となる。「着床前診断」とは異なり、受精卵の全ての遺伝子や染色体を調べて子宮に戻す「着床前スクリーニング」は近く臨床試験が始まる。受精卵のどれを戻すのかは「命の選別」につながるのではと議論もある。

  • 特定不妊治療(2015年09月27日 朝刊)

    卵子と精子を人工的に受精させる体外受精と顕微授精を指す。治療法は、受精卵が分裂してできた胚(はい)を採卵後すぐに子宮に移す「新鮮胚移植」、胚を凍結して子宮の状態が良いときに移す「凍結胚移植」に分かれる。通常、採取した精液を子宮に注入する人工授精などを複数回試みた後に行う。日本産科婦人科学会によると、治療件数は1985年の1195件から13年は約36万9千件に。特定不妊治療で生まれた子は約4万3千人にのぼる。

  • 主な不妊治療(2016年08月04日 朝刊)

    (1)精子を子宮内に注入する人工授精(2)体外で卵子と精子を受精させ、子宮内に戻す体外受精(3)顕微操作で体外受精させる顕微授精などがある。

写真

  • 稲葉剛さん
  • 衆院議員会館の事務所にはベビーベッドを置いている。息子は壁のカレンダーが好きだといい、「赤とか青とか、色が楽しいみたいよ」=東京・永田町
  • 不妊治療にかかった医療費を月ごと、あるいは総計で把握できる
  • 西部沙緒里さん(左)と黒田朋子さん
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】通信料金を下げる切り札

    SIMフリー端末を選ぼう

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】女子アスリート応援団

    テコンドー・松井優茄さん

  • 【&w】夫婦コラボが生む幸福の味

    技術とセンスが詰まったパン

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZAポスト・トゥルース の深層

    正確な情報より感情が優先

  • 写真

    ハフポスト日本版 カンヌのセクシードレス

    でも前後ろ逆でした

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ