メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不妊治療

不妊治療をコトバンクで調べる

最新ニュース

写真・図版

芥川・直木賞が決まる 受賞者が記者会見(2018/1/16)

 第158回芥川賞・直木賞の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)と若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)…[続きを読む]

関連キーワード

  • 不妊治療(2016年01月31日 朝刊)

    不妊原因がはっきりしない場合、一般的には、排卵に合わせ性交日を決める「タイミング没や精液を濃縮し子宮に注入する「人工授精」など段階的に進められ、「体外受精」へ移る。体外受精と、顕微鏡で見ながら卵子に精子を注入する「顕微授精」は「特定不妊治療」と呼ばれ国の助成対象となる。「着床前診断」とは異なり、受精卵の全ての遺伝子や染色体を調べて子宮に戻す「着床前スクリーニング」は近く臨床試験が始まる。受精卵のどれを戻すのかは「命の選別」につながるのではと議論もある。

  • 特定不妊治療(2015年09月27日 朝刊)

    卵子と精子を人工的に受精させる体外受精と顕微授精を指す。治療法は、受精卵が分裂してできた胚(はい)を採卵後すぐに子宮に移す「新鮮胚移植」、胚を凍結して子宮の状態が良いときに移す「凍結胚移植」に分かれる。通常、採取した精液を子宮に注入する人工授精などを複数回試みた後に行う。日本産科婦人科学会によると、治療件数は1985年の1195件から13年は約36万9千件に。特定不妊治療で生まれた子は約4万3千人にのぼる。

  • 主な不妊治療(2016年08月04日 朝刊)

    (1)精子を子宮内に注入する人工授精(2)体外で卵子と精子を受精させ、子宮内に戻す体外受精(3)顕微操作で体外受精させる顕微授精などがある。

写真

  • 第158回芥川賞、直木賞の発表が張り出された=16日午後6時52分、東京都千代田区の帝国ホテル、遠藤啓生撮影
  • 男児と女性。昨年5月に出産した=昨年12月、東京都内の自宅
  • 男児と女性。昨年5月に出産した=昨年12月、東京都内の自宅
  • 「麦ばあの島」1~4巻
  • 年賀状に載せた璃香ちゃんの写真=浦山由梨香さん提供
  • 57歳の女性の友人がコーヒーカップをかたどって作った木工雑貨。穏やかに寄り添う夫婦2人の姿が重なる=東京都内
  • 57歳の女性の友人が作った木工雑貨。穏やかに寄り添う夫婦2人の姿が重なる=東京都内
  • 英実さんは赤ちゃんに病気が見つかって以後、何度も超音波検査を受けた=本人提供
  • 英実さんは赤ちゃんに病気が見つかって以後、何度も超音波検査を受けた=本人提供
  • がんと診断された当時を振り返る女性=兵庫県加古郡
  • 娘の出産とがんとの闘病をつづった日記=本人提供
  • 娘の出産とがんとの闘病をつづった日記=本人提供
  • 交際中から子宮体がん治療を支えてくれた男性と結婚した=2009年10月、赤星さん提供
  • 赤星さんのイラスト。1人目、2人目、両方の不妊治療を経験し、それぞれに違う悩みがあることも実感した
  • 体外受精で受精卵を子宮に戻した場合の妊娠率
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ