メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

不法行為

関連キーワード

  • 国家賠償請求訴訟(2011年01月21日 朝刊)

    公務員の業務中の不法行為で損害を受けたとする人が、国家賠償法1条に基づいて国や地方自治体の賠償責任を問う訴訟。郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長も、約3700万円の賠償を求めて提訴している。一方で誤認逮捕などで不当に身柄拘束された場合、刑事補償法に基づいて1日あたり1千〜1万2500円を請求でき、裁判所が金額を決める。大阪地裁所長襲撃事件で逮捕されるなどした5人は、14歳未満で刑事責任を問われなかった1人を除いて拘束期間に応じて約96万〜800万円(1日あたりはいずれも最高額)が支払われた。

  • 除斥期間の根拠(2009年04月29日 朝刊)

    不法行為に対する損害賠償の請求権がなくなる期間は、「時効」と異なり、当事者の事情に関係なく進み、中断することはないとされる。法律上の明文規定はなく、最高裁が89年の判決で「不法行為があった時から20年が経過すると、損害賠償の請求権は時効で消滅する」という民法の条文が除斥期間を定義しているとの解釈を示したことが根拠となっている。

  • 治安管理処罰法(2012年08月31日 朝刊)

    社会の秩序や治安維持を目的に、軽微な不法行為を対象にする中国の法律。公安当局が同法の定める「治安事件」と認定した場合は、司法の判断を仰がず、15日以下の拘留や5千元(約6万2千円)以下の罰金などの処分を下す。車や船などの運行を邪魔したり、道路標識を壊したり、ケンカをしたり、「邪教」に勧誘したりといった多様な行為が該当する。

最新ニュース

ネズミ講の利益、返還請求認める 最高裁が初判断(2014/10/29)

 「ネズミ講」を運営して破産した会社の破産管財人が、利益を得た上位の元会員に配当金の返還を求めた訴訟の上告審判決が28日、最高裁第三小法廷であった。民法は不法行為のなかで支払われた資金の返還は請求でき[続きを読む]

PR情報

写真

  • イラスト・きたむらさとし
  • イラスト・きたむらさとし
  • もみ合うおばちゃんと作業員
  • 原告の蓑田努さん(手前左から2人目)は、最高裁での弁論に病を押して臨んだ=4日午後、東京都千代田区、井手さゆり撮影
  • モートン・ ハルペリン氏
  • イラスト・今井ヨージ
  • Nine unidentified infants were found in this condominium building in northern Bangkok on Aug. 5. Part of the photo is blurred for privacy reasons. (Ryosuke Ono)◇9人の乳幼児が見つかり保護されたバンコク北部のマンション=6日午後、大野良祐撮影(画像の一部を加工しています)
  • 男性の主な滞在先
  • 9人の乳幼児が見つかり保護されたバンコク北部のマンション=6日午後、大野良祐撮影(画像の一部を加工しています)

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング天国に一番近い州・ダオスタ

    イタリアの隠れた穴場リゾート

  • ブック・アサヒ・コム貧困ビジネスの実態を暴く

    柚月裕子の社会派ミステリー

  • 【&M】小さな無人島の大きな楽しみ

    シアワセになるサイパン!

  • 【&w】「働く」って何だろう?

    山崎亮さんの新刊プレゼント

  • Astand彗星に軟着陸できるのか

    世界初のミッションに挑む

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報