メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

不法行為

関連キーワード

  • 国家賠償請求訴訟(2011年01月21日 朝刊)

    公務員の業務中の不法行為で損害を受けたとする人が、国家賠償法1条に基づいて国や地方自治体の賠償責任を問う訴訟。郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長も、約3700万円の賠償を求めて提訴している。一方で誤認逮捕などで不当に身柄拘束された場合、刑事補償法に基づいて1日あたり1千〜1万2500円を請求でき、裁判所が金額を決める。大阪地裁所長襲撃事件で逮捕されるなどした5人は、14歳未満で刑事責任を問われなかった1人を除いて拘束期間に応じて約96万〜800万円(1日あたりはいずれも最高額)が支払われた。

  • 除斥期間の根拠(2009年04月29日 朝刊)

    不法行為に対する損害賠償の請求権がなくなる期間は、「時効」と異なり、当事者の事情に関係なく進み、中断することはないとされる。法律上の明文規定はなく、最高裁が89年の判決で「不法行為があった時から20年が経過すると、損害賠償の請求権は時効で消滅する」という民法の条文が除斥期間を定義しているとの解釈を示したことが根拠となっている。

  • 治安管理処罰法(2012年08月31日 朝刊)

    社会の秩序や治安維持を目的に、軽微な不法行為を対象にする中国の法律。公安当局が同法の定める「治安事件」と認定した場合は、司法の判断を仰がず、15日以下の拘留や5千元(約6万2千円)以下の罰金などの処分を下す。車や船などの運行を邪魔したり、道路標識を壊したり、ケンカをしたり、「邪教」に勧誘したりといった多様な行為が該当する。

最新ニュース

コンビニ こんなときどうしたら?

(事例と対策 ブラックバイト:1)おでん100個「自爆営業」(2015/07/03)

 長時間労働などで学業と両立しにくくなる「ブラックバイト」で働く若者がいます。直面したら、どうしたらいいのでしょうか。学生らの体験談を例に、専門家に対策を聞くシリーズを始めます。 ■コンビニ・専門学校[続きを読む]

PR情報

写真

  • コンビニ こんなときどうしたら?
  • こんなときどうしたら?
  • 本文とは関係ありません
  • 本文とは関係ありません
  • 警視庁の考える対策の概念図

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行さすが伝家の「ほうとう」

    山梨県の旅めしランキング

  • ブック・アサヒ・コム東野圭吾の作家生活30年

    本格ミステリからエンタメまで

  • 【&M】福士「恋仲が一番楽しい」

    フジ月9新ドラマ会見

  • 【&w】クラゲのいろんな食べ方

    料理家・栗原友さんの食卓

  • Astand百田発言、「自由」はき違え

    自民党「報道圧力」はなぜ

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界遺産になる全23施設

    明治日本の産業革命遺産

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載