メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不起訴処分

最新ニュース

写真・図版

森友問題、刑事責任の追及は? 告発された主な容疑(2018/4/26)

 学校法人・森友学園(大阪市)をめぐる一連の問題で、大阪地検特捜部は財務省理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)氏ら関係者から任意で事情聴取し、捜査を進めている。大幅に値引きされた国有地売却と決裁文書の改…[続きを読む]

関連キーワード

  • 大和郡山市の警官発砲事件(2012年01月24日 朝刊)

    2003年9月10日午後6時45分ごろ、車上狙い事件を捜査していた県警の警察官が、高さんらが乗っていた車両をパトカーで約20キロにわたって追跡。車がパトカーや一般の車にぶつかって逃げようとしたため、警察官1人が発砲を指示し、3人が計8発を発砲。A、B両被告が撃ったうちの2発が助手席にいた高さんの頭と首に、A被告の1発が運転席の男性の頭にそれぞれ当たり、高さんは25日後に死亡した。男性は窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、すでに刑期を終えた。高さんは窃盗などの容疑で書類送検され、被疑者死亡で不起訴処分となった。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

写真

  • 国有地値引きと公文書改ざんをめぐる主な告発容疑
  • 「責任の所在を明らかにすることが同種の事故の抑止につながる」と訴える松本邦夫さん(左から2人目)=兵庫県宝塚市栄町2丁目
  • 会見を開き、事件発覚の経緯を説明する兵庫県三田市の幹部=2018年4月9日午後2時46分、同市、藤井匠撮影
  • 事件に関する4社の認否や処分
  • 事件に関する4社の認否や処分
  • 判決を受けて思いを語る原告の小西政弘さん(左)と久保秀智さん=東京都千代田区
  • 火災があり、1人の遺体が見つかった住宅=2月18日、千葉県印西市竜腹寺、松島研人撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ