メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界保健機関

関連キーワード

  • セーフコミュニティ(2008年07月23日 朝刊)

    地域の人々が一緒に安心で安全なまちづくりを目指す地域社会(コミュニティー)のこと。70年代後半、スウェーデンから始まった。世界保健機関(WHO)などがつくる専門機関「地域の安全向上のための協働センター」が推進し認証を行っている。認証に必要な六つの指標はたとえば、(1)より安全な地域づくりを目指し分野や領域の垣根を越えて協働で取り組む組織があること(2)傷害の頻度と原因を記録するプログラムがあること、など。日本セーフティプロモーション学会によると、4月現在、世界で133の地域社会がセーフコミュニティとして認証されている。

  • モーリタニア女性の肥満(2008年09月17日 朝刊)

    世界保健機関(WHO)の「世界健康統計2008年版」によると、15歳以上のモーリタニア女性の16・7%が肥満。近隣のアフリカ西部のガーナ(8・1%)、セネガル(7・1%)、マリ(3・7%)、ブルキナファソ(2・4%)などと比べ群を抜く高さだ。モーリタニアの1人当たりの国民総所得は740ドル(06年、世界銀行)。それでもガバージュに金をかけるのは、富裕層や有力者と結婚する近道と信じられているからだ。アフリカでは女性のふくよかさは豊かさの象徴とみなされることが多いが、強制的に太らせる習慣はほかでは見られない。

  • 台湾の国際組織参加(2009年04月30日 朝刊)

    71年に中国が国連に加盟し、台湾は国連を脱退。台湾はその後、国連関連の各機関からも去った。その後、台湾で国際社会復帰への願いが高まり、91年にはアジア太平洋経済協力会議(APEC)に「中華台北」の名称で加盟。02年には世界貿易機関(WTO)にも「台湾・澎湖・金門・馬祖」として加わった。経済活動では「国」に準ずる扱いを受ける一方、国連加盟については、93年から07年まで毎年申請したが認められなかった。世界保健機関(WHO)には03年の新型肺炎SARSの流行をきっかけにオブザーバー参加を強く求めてきたが、中国が拒否していた。

最新ニュース

南アジアでは、女子生徒の3分の1が生理中に学校を欠席(2018/5/24)

リリース発行企業:特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン―5月28日月経衛生デーに、世界の月経の課題について考える―国際NGOウォーターエイドとユニセフ(国連児童基金)の新しい報告書によって、南ア…[続きを読む]

写真

  • 世界保健機関(WHO)総会が開かれている国連欧州本部の前で、通行人に台湾の総会参加への理解を呼びかける欧州在住の台湾の若者たち=21日、ジュネーブ、吉武祐撮影
  • パキスタン北西部の渓谷ナランで、予防接種を受けたことがない遊牧民の子供たちを見つけた地元医師のタリクさん(右)=2017年5月、いずれも乗京真知撮影
  • 昼と夜と二つの顔を持っていた。30代のときはカジノの常連だったという=東京・上野
  • 村松さんのスナックは全面禁煙。灰皿もなく、7日のプレオープンでは常連客が会話を楽しんでいた=盛岡市菜園1丁目
  • はしかの患者数の推移/沖縄からのはしかの感染拡大の推移
  • はしかの患者数の推移
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ