メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界遺産

関連キーワード

  • 世界遺産(2017年07月10日 朝刊)

    1972年の世界遺産条約に基づき、各国政府の推薦の中から、諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)や国際自然保護連合(IUCN)の調査・勧告を経て、21カ国でつくる世界遺産委員会が年1回、「顕著な普遍的価値」や「真正性」、保全措置などの観点から登録の可否を決める。世界遺産の総数は1052件(昨年7月現在)。

  • 世界遺産登録基準(2008年10月15日 朝刊)

    世界遺産委員会は文化遺産登録のために六つの基準を設け、一つ以上の該当を求めている。内容は(1)人類の創造的傑作(2)文化圏内での価値観の交流を示すもの(3)文化的伝統、文明の稀(まれ)な証拠(4)歴史上重要な時代の例証、あるいは景観を代表する顕著な見本(5)文化を特徴づける土地利用の顕著な見本(6)顕著で普遍的な出来事、伝統、思想、信仰、芸術作品と関連するもの。「平泉」は3、4、5、6に合致するとして国が推薦したが、カナダでの世界遺産委員会ではすべての基準について「適合していない」とされた。

  • 世界遺産日光の社寺(2009年12月22日 朝刊)

    1999年12月4日、東照宮と二荒山神社、輪王寺の2社1寺と境内地、さらに環境保護のための周辺の緩衝地帯を合わせた延べ424ヘクタールが登録された。境内には国宝9棟、国重要文化財94棟の建造物がある。権現造(ごんげんづくり)をはじめ日本の古い建築様式を伝えるとともに、山や森林など自然と一体となった古代からの宗教的景観を保っていることが評価された。文化遺産としては国内8番目の登録。年間約200万人(2008年)が拝観する。拝観者数は登録翌年の00年に約213万人に増えた後に減少していたが、06年以降は再び増加に転じた。

最新ニュース

写真・図版

傷ついた人々に寄り添い続けて 皇后さま83歳(2017/10/20)

 83歳の誕生日を迎えた皇后さま。宮内庁を通じて公表した文書回答では、東日本大震災の被災者や、72年前に投下された原爆の被害者への思いをつづった。日々の活動からも、長い年月を経ても、傷ついた人々に、変…[続きを読む]

写真

  • 皇后さま(10月4日、皇居・宮殿、宮内庁提供)
  • 黒坂さんから贈られたコカリナを首に下げ、全国植樹祭に出席した皇后さま=2009年6月、福井市
  • 文部科学大臣賞を喜ぶ静岡農業高校松葉研究班の生徒=静岡市葵区追手町
  • 江戸時代の採掘跡「山炭生」の近くで最近採れた石炭を手にする広畑さん。右は宇部市の炭鉱で使われたツルハシ=宇部市石炭記念館
  • 春日神社の階段に残る液体の跡=19日午後、京都府宇治市、小山琢撮影
  • 唐招提寺にある北原白秋の歌碑。歌に詠まれたミズナラの木がそばに植えられている=奈良市五条町、槌谷綾二撮影
  • 赤や黄の落ち葉の中に陶器が並ぶ=片品村花咲
  • シリア北部ラッカで17日、自分たちの旗を掲げるシリア民主軍の兵士=AFP時事
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ