メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中国軍

関連キーワード

  • 金門(2008年10月08日 朝刊)

    金門島、小金門島など12の島からなり、中国・アモイと最短2・1キロで接する。歴史的に中国福建省に属してきた。台湾の行政区分では「中華民国福建省」の管轄。国共内戦で蒋介石元総統率いる中国国民党が49年末に台湾へ移った後は馬祖とともに台湾防衛の軍事拠点となった。58年8月に中国軍が金門島を砲撃し、中台の砲撃戦で多数の死傷者が出ると、米第7艦隊が台湾海域で戦闘態勢に入り、緊張が高まった。

  • チベット動乱(2009年03月11日 朝刊)

    50年前に起きた、ダライ・ラマ14世のインド亡命につながったチベットの民衆蜂起。51年の中国軍によるラサ進駐後、50年代後半から社会主義的改革に反発する武装蜂起が続発した。59年3月10日、ダライ・ラマに対する軍の観劇招待を拉致の策略とみたラサ市民ら数万人が集結して軍と衝突。反乱を鎮圧した中国政府は28日に統治権確立を宣言した。インドに逃れたダライ・ラマらによる亡命政権は3月10日を「民族蜂起記念日」としている。胡錦濤国家主席が自治区党委書記だった89年3月のほか、昨年3月にもラサなどで僧侶や市民による大規模な抗議行動が起きた。チベット民族は中国ではチベット自治区のほか青海、四川、甘粛、雲南各省に住む。中国以外ではブータン、ネパール、インドにまたがる。

  • 中国海軍と周辺諸国(2010年12月27日 朝刊)

    中国軍は保有する兵器や兵力を公表しておらず、正確な実態を把握することは難しい。21年間2けたの伸びを続けてきた国防予算は2010年、5321億元(約6兆9千億円)で前年実績比7.5%増となったが、これには新兵器の開発費などが含まれておらず、米国防総省は、実態はその2〜3倍に上ると推計している。胡錦濤(フーチンタオ)指導部はなかでも海軍を重視し、予算を重点的に充てているとされる。2010年の中国海洋発展報告によると、09年に国産空母の建造計画を策定した。国産の一番艦は14年に完成する予定だ。米シンクタンク、ヘリテージ財団によると、潜水艦建造も非常に活発で、25年には78隻に達し、日本、米国、オーストラリアの合計保有隻数を上回るとの予測もある。インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア、豪州、韓国など周辺国も、対抗するように潜水艦調達を急いでおり、「水面下の軍拡競争」が起きている。

最新ニュース

写真・図版

大国にはさまれた小国ブータンの不安(2017/9/25)

 インドと中国とブータンが隣接するヒマラヤの山岳地域で、中国軍とインド軍が鋭くにらみ合っていた。ところはブータン西部ハ村(Haa)にあるインド軍の駐屯地からわずか13マイル(約20キロ)にある、ブータ…[続きを読む]

写真

  • ブータン西部ハ村のインド軍駐屯地。ここから約20キロ離れた中国との未画定の国境付近で中国軍とインド軍がにらみ合いを続けている=2017年8月3日、Gilles Sabrie/(C)2017 The New York Times
  • 賈慶国・北京大学国際関係学院長=22日、古谷浩一撮影
  • 北京大学国際関係学院・賈慶国院長
  • 神野オキナ著『カミカゼの邦』(徳間書店・2052円)
  • 賈慶国・北京大学国際関係学院長=2014年、東京都港区、天田充佳撮影
  • 尖閣周辺海域に向けて出港する海上保安庁の巡視船。奥は中国・広州から寄港した観光クルーズ船=6日午後5時58分、沖縄県石垣市の石垣港、小山謙太郎撮影
  • 尖閣諸島をめぐる動き
  • オバマ前大統領の一家が住む邸宅前の道路は、封鎖されており、大統領警護隊が身分証の検査をしている=峯村健司撮影
  • 中国共産党中央軍事委員会のポストをめぐる構図
  • 中印国境の地図
  •   
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ