メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中国電力

関連キーワード

  • 上関原発計画(2014年05月15日 朝刊)

    上関町長島の最西端に出力137・3万キロワットの改良型沸騰水型の原子炉2基を建設する。発電所用地面積約160万平方メートルのうち約14万平方メートルを埋め立てる予定。2001年、国の電源開発基本計画に組み込まれ、09年には中国電力が埋め立て準備工事に着手。反対派の活動や11年3月の東日本大震災を受けた原発事故で工事は中断。中国電が12年10月、埋め立て免許の延長を申請し、県が審査中。

  • 上関原子力発電所計画(2009年09月28日 朝刊)

    中国電力が山口県上関町長島の西端に出力137万3千キロワットの改良型沸騰水型炉2基を建設する。同社では島根原発に次ぐ2カ所目の原発で、1号機は10年度着工、15年度運転開始、2号機は15年度着工、20年度運転開始を目指す。82年に計画が浮上し、88年には町が誘致を申し入れた。01年に国の電源開発基本計画に組み入れられ、県は08年、予定地海域の埋め立てを許可した。

  • 上関原子力発電所(2010年03月25日 夕刊)

    中国電力が山口県上関町長島に、出力137万3千キロワットの改良型沸騰水型炉2基を建設する。1982年に計画が浮上、現計画では1号機は12年6月着工、18年3月運転開始を目指している。昨年10月に海面の埋め立てに着手、反対派の抗議行動で実質的な作業は中断しているが、12月に本体建設に向けた原子炉設置許可申請を国に提出している。

最新ニュース

青森)ウラン濃縮工場、機器3500件が未点検(2017/9/24)

 安全管理上の問題が相次ぎ生産運転を一時停止している日本原燃のウラン濃縮工場(六ケ所村)で、約3500件の機器が1992年の操業開始から未点検のままだったことがわかった。日本原燃が22日公表した。その…[続きを読む]

中国電力をコトバンクで調べる

写真

  • 設楽悠太
  • 原子炉格納容器の破裂を防ぐ対策
  • 原子炉格納容器の破裂を防ぐ対策
  • 陸上男子400メートルリレー決勝 1走の田中(右)からバトンを受け、スタートする多田=台北(共同)
  • 島根原発1号機の廃炉作業で放射線測定の準備をする作業員=28日午前11時38分、松江市、奥平真也撮影
  • 練習中に選手たちに指示をとばす青学大の原晋監督=増田創至撮影
  • ドーム兄弟の「スミレ文花器」(1900年ごろ)〈株式会社ベル・デ・ベル提供〉
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ