メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中央卸売市場

関連キーワード

  • 全国和牛能力共進会(2016年09月18日 朝刊)

    宮城大会で11回目。39道府県から過去最多の517頭の参加が見込まれている。来年9月7〜11日の5日間開かれ、種牛の部や試食会などのイベントは夢メッセみやぎ(仙台市宮城野区)で、肉牛の部は仙台市中央卸売市場食肉市場(同)である。前回の長崎大会は延べ48万6千人が来場した。開催県は地元の食材や特産品、観光地をPRする好機で、経済効果も期待されている。

  • 愛知名港花き地方卸売市場(仮称)(2009年10月31日 夕刊)

    名古屋市中央卸売市場南部市場の西側に位置し、敷地面積は約4万5千平方メートル。鮮度保持のための「全館定温管理」や、物流を迅速化させる「自動搬送ライン」のほか、機械競りや在宅競り、電子決済の「共同精算システム」など最新鋭の設備、機能を備える。切り花、鉢物の総合花き市場として、中部圏の「ハブ市場」を目指しており、開場5年目となる14年の目標取扱高は194億円。昨年の松原地区の取扱高は全国3位の約150億円だった。

  • 卸売市場(2010年09月04日 夕刊)

    中央卸売市場と地方卸売市場に大別される。中央卸売市場は都道府県などが開設し、4月現在、全国に75カ所。地方卸売市場は都道府県知事の許可制で、公設、第三セクター、民営と形態は様々。全国に1207カ所ある。中央卸売市場は一般客への小売り規制が厳しいが、地方市場は比較的緩やか。観光スポットとなった東京都の都中央卸売市場築地市場でも、ジャガイモなら5ケース、マグロなら5キロ以上など大量購入しない限り、原則として一般客は場内での買い物はできない。

最新ニュース

写真・図版

徳島)ホウレンソウのヘルプマン求む! 収穫や出荷体験(2018/2/19)

 ホウレンソウ収穫期の人手不足を補おうと、県の徳島農業支援センターは18日、主産地の徳島市国府町で、農作業体験のない市民らに収穫や出荷に向けた作業を体験してもらう研修会を初めて開いた。 センターによる…[続きを読む]

写真

  • ホウレンソウの収穫を体験する参加者=徳島市国府町
  • カツオを焼く体験をするソフトバンクの増田(中央)ら
  • 専用の機械でネギを切る「来来」の店主=徳島市八百屋町1丁目
  • かぶらずし
  • タマネギたっぷり3種のキノコ鍋
  • タマネギたっぷり3種のキノコ鍋
  • 威勢のいい声が響いた初競り=岐阜市茜部新所
  • 初競りで、競り落とされるカレイ類=釧路市
  • 買い物客でにぎわう近江町市場=金沢市
  • 製造のピークを迎えた正月用の餅=松山市久万ノ台
  • ケーキの飾り付けをする子ども=神戸市兵庫区中之島1丁目
  • 収穫したミカンを手に「ハサミで切るの、楽しい」。甘い香りが園内に広がった=鹿児島市桜島武町
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ