メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

中間貯蔵施設

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2014年09月15日 朝刊)

    福島第一原発事故に伴う除染で出た福島県内の汚染土や、高い放射能濃度の焼却灰などを最長30年間保管する施設。政府は大熊、双葉両町の第一原発周辺計約16平方キロメートルに設置する方針で建設費用は1兆1千億円程度を見込む。来年1月から1600万〜2200万立方メートルを運び込む計画をたてている。

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設(2013年07月16日 朝刊)

    原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

  • むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設(2014年01月16日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

最新ニュース

商業施設の造成が進む。住民帰還に向けて期待がかかる=川内村下川内

復興、縛られる独自財源(2014/10/22)

【2014知事選】記者が問う福島 ●(13)県の存在意義 川内村の中心部で来春の開業をめざし、「スーパーマーケット」の造成が急ピッチで進む。規模は小さいながらも村にとって初の施設だ。いまだ住民の半数は[続きを読む]

PR情報

写真

  • 商業施設の造成が進む。住民帰還に向けて期待がかかる=川内村下川内
  • 「中間貯蔵施設はいらない」と訴える横断幕を掲げデモ行進する参加者=むつ市内
  • 昨年5月、国は防犯のため、国道6号沿いの住宅や脇道にバリケードをつくった。川崎さんは「今さら、遅すぎるよ」とつぶやいた。
  • 地権者らが集まった国の説明会=福島県いわき市
  • 関電、使用済み核燃料の中間貯蔵施設は福井県外に?
  • エッフェル塔前で福島を語る芳賀亮太さん=パリ
  • Kajima Corp. and Nikkin Flux Inc.’s water analysis equipment quickly measures radioactive cesium levels. (Provided by Kajima Corp.)◇水中の放射性セシウムを測る装置=鹿島提供
  • 水中の放射性セシウムを測る装置=鹿島提供

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピングもしも老眼が始まったら…

    読書が楽しくなる老眼鏡

  • ブック・アサヒ・コム親子で一緒に笑える絵本

    スピード感とノリで笑わせよう

  • 【&M】車と服飾の関係を振り返る

    パリで自動車とファッション展

  • 【&w】オーガニックコスメを5名に

    シアワセになるサイパン

  • Astand高橋大輔が引退

    10年の軌跡を振り返る

  • 写真

    ハフポスト日本版 神風特攻隊

    初めての出撃から70年

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報