メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

中間貯蔵施設

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2014年09月15日 朝刊)

    福島第一原発事故に伴う除染で出た福島県内の汚染土や、高い放射能濃度の焼却灰などを最長30年間保管する施設。政府は大熊、双葉両町の第一原発周辺計約16平方キロメートルに設置する方針で建設費用は1兆1千億円程度を見込む。来年1月から1600万〜2200万立方メートルを運び込む計画をたてている。

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設(2013年07月16日 朝刊)

    原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

  • むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設(2014年01月16日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

最新ニュース

福島)「仮置き場保管、数年継続」 環境再生事務所(2015/01/26)

 東京電力福島第一原発事故の汚染土などを保管する中間貯蔵施設への搬入開始目標が延期されたことを受け、福島環境再生事務所の関谷毅史所長は25日、国直轄除染でいち早く仮置き場を設けた川内村の住民に、搬出終[続きを読む]

PR情報

写真

  • 遅れる中間貯蔵施設への汚染土搬入
  • 富岡町沿岸部の仮置き場では、除染で生じたごみが一面に敷き詰められていた=16日、富岡町
  • 中間貯蔵施設の建設受け入れを決めた後、取材に応じる双葉町議会の佐々木清一議長(左)と伊沢史朗町長=いわき市
  • 九州電力玄海原子力発電所。中央奥の円筒形が1号機=佐賀県玄海町、本社ヘリから
  • 2015年度当初予算案の大枠
  • 社員の前で年頭訓示を述べる東京電力の広瀬直己社長=5日午前、福島市の福島復興本社、福留庸友撮影
  •   

注目コンテンツ

  • ショッピング卵の中身をプリンにする方法

    白身と黄身が混ざるように…

  • ブック・アサヒ・コムなんとなく、クリスタル続編

    33年後の彼女たちがリアル

  • 【&M】「球児たちの母」を好演

    映画「KANO」の坂井真紀

  • 【&w】一塗りで“絶世まつげ”に

    ランコムの新しいマスカラ

  • Astand書店にあふれる「ヘイト」本

    出版関係者が抱く違和感の結晶

  • 写真

    ハフポスト日本版 「千年に一人の逸材」

    橋本環奈、黒ドレスでシックにキメる

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報