メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中間貯蔵施設

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2015年08月20日 朝刊)

    福島県内各地に仮置きされている汚染土などを一時的に保管する施設。政府が受け入れを求め、県が昨年9月、建設を容認した。環境省は来年度以降の本体工事開始を目指し、予定地の一角へ汚染土の試験搬入を今年3月に始めた。汚染土は30年以内に県外で最終処分する取り決めだが、処分先は決まっていない。

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設(2013年07月16日 朝刊)

    原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

  • むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設(2014年01月16日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

最新ニュース

避難先で「いつまでいるの?」 いじめ・差別…苦痛続く(2017/2/26)

 突然、故郷から引き離され、慣れない土地で生きる避難者が、心ない言葉や態度に胸を痛めている。東京電力福島第一原発事故から6年。朝日新聞社と福島大学の今井照教授が実施した避難者への共同調査には、いじめや[続きを読む]

写真

  • 福島県外に避難して暮らしている男性は「福島から来ましたと言ったら、『なんだ避難民かい』と言われたことが今でもわすれられません」とアンケートに書いた
  • 福島県外に避難して暮らしている男性は「福島から来ましたと言ったら、『なんだ避難民かい』と言われたことが今でもわすれられません」とアンケートに書いた
  • 鎌田清衛さん(右端)のナシ園を見る柳美里さん(右から2人目)と青来有一さん(左端)=福島県大熊町
  • 原発事故の避難指示区域と復興庁が試算した特定復興拠点の概要
  • 原発事故の避難指示区域と復興庁が試算した特定復興拠点の概要
  • 小学生に勉強を教えている斉藤愛美さん=いわき市好間工業団地
  • 震災から5年10カ月。行方不明のままの長男健一さんのために手を合わせる佐藤一夫さんとトシ子さん=11日午前、福島県浪江町、葛谷晋吾撮影
  • こうして倍増、福島原発事故費
  • 過去の放送で使ったVTRテープ
  • 中間貯蔵施設を巡る経緯と環境省の見通し

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】バルミューダ製品が当たる

    読者アンケート&プレゼント

  • 【&TRAVEL】10代のあどけなさと輝き

    「舞妓と町家」

  • 【&M】金は安定した資産として注目

    豊島逸夫と星野真里が語る

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA芸能界の異常な労働環境

    清水富美加さん出家騒動

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず二度見

    東京マラソンの個性派ランナー

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ