メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

九州電力

東洋経済新報社 会社四季報ONLINE

九州財界の雄。産業向け比率が高い。通信事業も育成。玄海、川内の原発6基再稼働を目指す

最新ニュース

写真・図版

(be report)原発・石炭からの投資撤退 関連企業を間接的に「兵糧攻め」(2018/2/17)

 地球温暖化の原因になる石炭などへの投資をやめる「ダイベストメント(投資撤退)」が広がっている。地球や地域に良くない事業からお金を移し、社会や世界を変えようという運動だ。表明した都市や企業の運用資産は…[続きを読む]

写真

  • 地球や地域にやさしい銀行選び/原発・化石燃料への貸し出しトップ8/アクサのダイベストメント対象になる可能性の高い日本企業/化石燃料からの投資撤退を決めた世界の主な団体
  • 亡くなった夫婦の自宅跡で手を合わせる山内博史前区長(左)と江藤俊雄区長=16日、南阿蘇村立野
  • 佐賀県オフサイトセンターで、玄海原発から30キロ圏の首長らと規制委の更田委員長らが意見交換した=佐賀県唐津市西浜町
  • 片峯誠市長(左)に音楽大学設立の要望書を手渡した松尾新吾会長=飯塚市役所
  • 保育園で園児の引き渡し書類にサインする保護者ら=いちき串木野市
  • 協定後、中村五木市長(左)と握手を交わす天草広域有限責任事業組合の川峰一代表組合員(中央)ら=天草市
  • 原発の新規制基準と火山/巨大噴火を起こした主なカルデラと火砕流
  • 協定後、中村五木市長(左)と握手を交わす天草広域有限責任事業組合の川峰一代表組合員(中央)ら=天草市
  • 大手電力の基幹送電線の路線数と平均利用率
  • 『風車燃える』
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ