メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

二条城

関連キーワード

  • 二条城の本格修理(2012年04月01日 朝刊)

    老朽化した国宝や重要文化財の建物28棟などを20年間で直す。今は唐門と築地で足場を組み、屋根の檜皮(ひわだ)をはぎ取る作業が進む。2015年度には二之丸御殿、19年度からは本丸御殿を修理する。修理の目玉は、二階廊下の復元。1626年に後水尾天皇が訪問した際に作られたとされ、1930年に解体された。部材の大半が保存され、ほぼ元通りに復元できるという。

  • 鶴丸城の御楼門(2015年11月22日 朝刊)

    鶴丸城は1601(慶長6)年に島津家久が建設に着手。天守閣がない屋形づくりだった。御楼門は二層構造で、高さは推定約18メートル、幅は同約20メートル。幅3尺(約0.9メートル)の主柱は、二条城(京都市)の東大手門に迫る大きさだったとされている。

  • 大政奉還(2017年01月11日 夕刊)

    慶応3(1867)年10月13日、徳川慶喜が二条城の二の丸御殿大広間に、在京40藩の重臣を集め、政権を朝廷に返す意思を伝えた。翌14日に朝廷に文書を奉り、15日に成立。土佐藩の山内容堂が慶喜に、政権を返す建白を提出したことが直接のきっかけになったとされる。

最新ニュース

幕末・維新150 年「京阪沿線幕末・維新魅力再発見!」イベントを開催します(2018/4/25)

京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)では、地域資源を生かした来訪・交流の促進、文化・観光の振興を目的として、幕末・維新150 年「京阪沿線幕末・維新魅力再発見!」イベント…[続きを読む]

写真

  • 京都府警が押収した粉末=19日午後4時41分、京都市中京区の中京署、白見はる菜撮影
  • 二条城の台所で、最高級品の着物をまとったロボットマネキンが披露された=2018年4月10日午後6時22分、京都市中京区、佐藤慈子撮影
  • 二条城のカフェ「茶乃逢(さのあ)」で売られている黄金ソフト=京都市中京区
  • 満開のソメイヨシノの前で記念撮影をしていた人たち=京都市中京区の二条城
  • 唐門にプロジェクションマッピングで満開の桜が映し出された=20日午後、京都市中京区
  • 唐門にプロジェクションマッピングで満開の桜が映し出された=20日午後、京都市中京区、筋野健太撮影
  • 梅に手を伸ばす赤ちゃん=北野天満宮
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ