メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

二条城

関連キーワード

  • 二条城の本格修理(2012年04月01日 朝刊)

    老朽化した国宝や重要文化財の建物28棟などを20年間で直す。今は唐門と築地で足場を組み、屋根の檜皮(ひわだ)をはぎ取る作業が進む。2015年度には二之丸御殿、19年度からは本丸御殿を修理する。修理の目玉は、二階廊下の復元。1626年に後水尾天皇が訪問した際に作られたとされ、1930年に解体された。部材の大半が保存され、ほぼ元通りに復元できるという。

  • 鶴丸城の御楼門(2015年11月22日 朝刊)

    鶴丸城は1601(慶長6)年に島津家久が建設に着手。天守閣がない屋形づくりだった。御楼門は二層構造で、高さは推定約18メートル、幅は同約20メートル。幅3尺(約0.9メートル)の主柱は、二条城(京都市)の東大手門に迫る大きさだったとされている。

  • 大政奉還(2017年01月11日 夕刊)

    慶応3(1867)年10月13日、徳川慶喜が二条城の二の丸御殿大広間に、在京40藩の重臣を集め、政権を朝廷に返す意思を伝えた。翌14日に朝廷に文書を奉り、15日に成立。土佐藩の山内容堂が慶喜に、政権を返す建白を提出したことが直接のきっかけになったとされる。

最新ニュース

写真・図版

京都)二条城香雲亭で期間限定の特別朝食(2018/6/13)

 世界遺産・二条城(京都市中京区)の庭園にある香雲亭で7月1日、期間限定の特別朝食「季節の一品付 京のゆば粥(がゆ)御膳」(税込み3千円)の提供が始まる。 料理を出すのは円山公園(京都市東山区)内の「…[続きを読む]

写真

  • 「京のゆば粥御膳」。周りの5品のうち一つが「季節の一品」として提供される
  • ハッブ・ニュー・ミュージック・カルテット=アジア・アメリカ現代音楽協会提供
  • 後手で石を打つ井山裕太七冠(右)=2018年6月2日、秋田県能代市柳町の旧料亭「金勇」
  • 江戸城の富士見櫓
  • 「本因坊発祥の地」で、碁盤を模した御影石に碁石を置く井山裕太七冠(左)。右が山下敬吾九段=京都市中京区
  • 白鷺(しらさぎ)城とも呼ばれる姫路城。白壁天守の代表例だ。1993(平成5)年に世界文化遺産に登録されている
  • 京都府警が押収した粉末=19日午後4時41分、京都市中京区の中京署、白見はる菜撮影
  • 二条城の台所で、最高級品の着物をまとったロボットマネキンが披露された=2018年4月10日午後6時22分、京都市中京区、佐藤慈子撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ