メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

二条城

関連キーワード

  • 二条城の本格修理(2012年04月01日 朝刊)

    老朽化した国宝や重要文化財の建物28棟などを20年間で直す。今は唐門と築地で足場を組み、屋根の檜皮(ひわだ)をはぎ取る作業が進む。2015年度には二之丸御殿、19年度からは本丸御殿を修理する。修理の目玉は、二階廊下の復元。1626年に後水尾天皇が訪問した際に作られたとされ、1930年に解体された。部材の大半が保存され、ほぼ元通りに復元できるという。

  • 鶴丸城の御楼門(2015年11月22日 朝刊)

    鶴丸城は1601(慶長6)年に島津家久が建設に着手。天守閣がない屋形づくりだった。御楼門は二層構造で、高さは推定約18メートル、幅は同約20メートル。幅3尺(約0.9メートル)の主柱は、二条城(京都市)の東大手門に迫る大きさだったとされている。

  • 大政奉還(2017年01月11日 夕刊)

    慶応3(1867)年10月13日、徳川慶喜が二条城の二の丸御殿大広間に、在京40藩の重臣を集め、政権を朝廷に返す意思を伝えた。翌14日に朝廷に文書を奉り、15日に成立。土佐藩の山内容堂が慶喜に、政権を返す建白を提出したことが直接のきっかけになったとされる。

最新ニュース

(フロントランナー)小林伸彦さん 「将来の木の姿を想像しながら剪定する」(2017/4/22)

 (1面から続く) ――なぜ庭師に? 中学3年の時、伯父の家で庭師を初めて見たんです。高校進学は全く考えていなかったので「これはハサミ一つで商売できる」と軽く思いまして……。 ――実際は。 大間違いで[続きを読む]

二条城をコトバンクで調べる

写真

  • 横山大観の名作「白沙青松」をモチーフにした庭で、クロマツと向き合う=島根県安来市古川町
  • 両足院で行われている荒木経惟の「机上の愛」
  • 閣議後、記者の質問に答える山本幸三地方創生相=18日午前8時47分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 二の丸御殿の建物脇の側溝に、カレーのようなにおいのする茶色の粉が落ちていた=18日午後3時28分、京都市中京区の二条城、川村貴大撮影
  • 最近の閣僚らの「問題発言」
  • 最近の閣僚らの「問題発言」
  • 京都文化博物館ではショーヴェ洞窟の壁画の高精度映像が上映されている=中京区
  • 液体をまかれた施設と場所
  • 明治神宮の鳥居の根本部分で見つかった円形や斜めに付いた染み=東京都渋谷区
  • 大きな傘のようなシダレザクラ。満開となった枝の中で記念写真を撮る人も=6日、京都市上京区の京都御苑、佐藤慈子撮影
  • 唐門に桜吹雪が映し出された=3日午後、京都市中京区、佐藤慈子撮影
  • 京都遺産に選ばれた西陣織=京都市提供
  • 「洛中洛外図<Asajikai sjis="屏">屛</Asajikai>風」のデジタル複製作品。これを専用シアターに映し出す=京都市東山区、佐藤慈子撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】SNS投稿も簡単!

    EOS Mシリーズ最新作

  • 【&TRAVEL】元気ださにゃんばい、九州!

    「旅猫ニャン吉」写真集

  • 【&M】盆おどりに魅せらせて

    中村 中さんの「私の一枚」

  • 【&w】東コレを写真で一挙に

    17年秋冬東京コレクション

  • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

    作家・上田岳弘がひもとく本

  • WEBRONZA真央が現役を続けていたら…

    昨季、過去最高レベルだった

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ