メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都市東山区

関連キーワード

  • 祇園祭と山鉾(2010年07月02日 夕刊)

    祇園祭は八坂神社(京都市東山区)の祭りで、7月の1カ月間続く。各町内でつくる保存会が山鉾32基を管理する。それらが市内中心部を巡る17日の山鉾巡行は祭りのハイライト。山鉾は市中を回って厄を集めた後、解体される。山鉾や装飾品が飾られる15日の宵々山、16日の宵山も多くの人でにぎわう。

  • 祇園祭の前祭と後祭(2014年07月12日 夕刊)

    今年は7月17日を前祭として「長刀鉾」など23基、24日を後祭として150年ぶりに復活する「大船鉾(おおふねほこ)」など10基が巡行する。前祭は従来のルート、後祭は逆回りで巡行する。もともと八坂神社(京都市東山区)では、前祭の17日に「神幸祭」、後祭の24日に「還幸祭」として神輿(みこし)を担いできた。これに合わせて山鉾の巡行も長らく2日に分けてきた。しかし1966年、京都市などがより多くの観光客を呼び込む狙いから、二つの巡行を一本化して17日に統一。祇園祭の関係者の間では伝統の姿に戻すよう求める声も根強かった。

最新ニュース

OpenTable、「日本のレストラン 2017 トップ50」を発表!不動の人気レストランに加えて新カテゴリーのレストランもランクイン!(2017/12/18)

リリース発行企業:オープンテーブル株式会社~2017年の注目は肉料理、郊外・地方都市、観光エリア~The Priceline Group (NASDAQ: …[続きを読む]

写真

  • ソファ席に座ったらズボンがぬれ、バッグも汚れたとして「気持ちでいいから払え」と求められた飲食店員の女性=中京区
  • 京舞井上流家元の井上八千代さん(左端)に新年に向けてあいさつする芸舞妓たち=13日午前10時25分、京都市東山区、佐藤慈子撮影
  • 今年の漢字に選ばれた「北」を揮毫(きごう)する清水寺の森清範貫主=12日午後、京都市東山区
  • 今年の漢字に選ばれた「北」を揮毫(きごう)する清水寺の森清範貫主
  • 「喜心の朝食」(2700円・税込み)。汁物は3種から選ぶことができ、写真は「京白味噌の豚汁」
  • 京都で冬の食材を味わう
!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ