メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都市

関連キーワード

  • 京都市の新景観政策(2008年10月16日 夕刊)

    京町家などがつくる趣のある街並みや寺社からの眺めなどの景観保全をめざす複数の条例や都市計画で構成。屋根の傾斜角や外壁の色など建物のデザイン基準を細かく定め、高さも市街地のほぼ全域で31メートル以下、都心の一部も15メートル以下に制限した。看板の規制強化や大文字の送り火など歴史的な眺望の確保も盛り込んだ。

  • 京都市営地下鉄(2011年05月28日 朝刊)

    1968年、交通渋滞の緩和をめざして計画が始まった。81年5月、烏丸線が京都—北大路間で開業。97年までに南は竹田、北は国際会館まで延び、総延長13.7キロ(15駅)に。東西線は同10月に二条—醍醐間で開業。現在は太秦天神川—六地蔵間まで延び、総延長17.5キロ(17駅)。

  • 京都市の広告物規制(2013年03月31日 朝刊)

    2007年に導入された新景観政策にともない、「屋外広告物等に関する条例」が改正され、全国で最も厳しいとされる広告物の規制が実施された。屋上の広告物は全域で禁止されたほか、地域によって、表示できる高さや面積が制限され、看板に使える色も彩度が一定値を超えないよう決められた。点滅式の看板も市内全域で禁止。現行条例が施行される前からあった「既存不適格」の広告物については、14年8月までが是正の猶予期間とされている。

最新ニュース

京都市をコトバンクで調べる

写真

  • がんについての講演会を企画した平等寺の大釜諦順住職=下京区
  • 8月24日の「久多の花笠踊」に備え、歌を練習。歌本に記された歌詞をチェックする=6月4日
  • 大倉源次郎さん
  • がんについての講演会を企画した平等寺の大釜諦順住職=下京区
  • 築130年の町家の軒先に掛けられた、大きなのれんがひときわ目を引く。
  • スタッフの説明を受けながら織る塩原直美さん
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】あずきバーがフワフワに!

    専用かき氷機

  • 写真

    【&TRAVEL】和菓子の新しいカタチ

    京のひと皿

  • 写真

    【&M】政治学者・姜尚中さんに聞く

    「ダンケルクの奇跡」〈PR〉

  • 写真

    【&w】マタニティブルー乗り越えて

    花のない花屋

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム松浦理英子の少女たちの物語

    日夏がパパで真汐がママで…

  • 写真

    WEBRONZA「安倍9条改憲」ここが危険

    石川健治東京大教授に聞く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン常夏ハワイを感じよう!

    Eggs 'n Thingsの限定メニュー

  • 写真

    T JAPAN1日1組限定の宿

    「西陣織の家」に泊まる

  • 写真

    ハフポスト日本版 懐かしの映画女優は今

    胸ときめいた、あの人… 色あせぬ銀幕の美女たち

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ