メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都市

関連キーワード

  • 京都市の新景観政策(2008年10月16日 夕刊)

    京町家などがつくる趣のある街並みや寺社からの眺めなどの景観保全をめざす複数の条例や都市計画で構成。屋根の傾斜角や外壁の色など建物のデザイン基準を細かく定め、高さも市街地のほぼ全域で31メートル以下、都心の一部も15メートル以下に制限した。看板の規制強化や大文字の送り火など歴史的な眺望の確保も盛り込んだ。

  • 京都市営地下鉄(2011年05月28日 朝刊)

    1968年、交通渋滞の緩和をめざして計画が始まった。81年5月、烏丸線が京都—北大路間で開業。97年までに南は竹田、北は国際会館まで延び、総延長13.7キロ(15駅)に。東西線は同10月に二条—醍醐間で開業。現在は太秦天神川—六地蔵間まで延び、総延長17.5キロ(17駅)。

  • 京都市の広告物規制(2013年03月31日 朝刊)

    2007年に導入された新景観政策にともない、「屋外広告物等に関する条例」が改正され、全国で最も厳しいとされる広告物の規制が実施された。屋上の広告物は全域で禁止されたほか、地域によって、表示できる高さや面積が制限され、看板に使える色も彩度が一定値を超えないよう決められた。点滅式の看板も市内全域で禁止。現行条例が施行される前からあった「既存不適格」の広告物については、14年8月までが是正の猶予期間とされている。

最新ニュース

写真・図版

錦秋の華 宇治・平等院鳳凰堂をライトアップ(2017/11/18)

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)で、鳳凰(ほうおう)堂をライトアップした夜間特別拝観が18日、始まる。3年前に鳳凰堂の大規模修理が終了したが、夜間の一般向け公開はしておらず、今回が初めてとなる。17…[続きを読む]

写真

  • ライトアップされた平等院鳳凰堂=17日午後6時24分、京都府宇治市、佐藤慈子撮影
  • 板で覆われていく岡本光博さんの「落米のおそれあり」
  • 京都国立博物館の公式キャラクター「トラりん」
  • 京都宇治茶房山本甚次郎にあるレンガ積みの碾茶乾燥炉=京都府宇治市、久保田狐庵撮影
  • ライトアップされた平等院鳳凰堂=17日午後6時すぎ、京都府宇治市、佐藤慈子撮影
  • 紅葉が色づき始めた哲学の道。京都帝国大の開学以来、多くの文人らが物思いにふけりながら散策した=12日、左京区
  • 板でほぼ覆われた岡本光博さんの「落米のおそれあり」=17日午後、沖縄県うるま市、丸山ひかり撮影
  • 紅葉真っ盛りの久多川沿い=11月12日
  • 耐震工事中の南座周辺には何台もの消防車が並び、一時騒然となった=17日午後3時18分、京都市東山区、佐藤慈子撮影
  • DeNAの吉田孝司スカウト部長から帽子をかぶせられる立命館大の東克樹投手=京都市左京区
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】シリーズ優勝の行方は

    スーパーGT最終第8戦

  • 写真

    【&w】新しいロマンチックを抱く

    18年春夏ミラノコレクション

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZA龍真咲「クラシックは原点」

    宝塚時代よりも忙しい日々

  • 写真

    アエラスタイルマガジン昭和の名物パワーランチ!

    部長がすすめる名店教えます

  • 写真

    T JAPANホテル王が贅を凝らした

    プーケットの“究極リゾート”

  • 写真

    ハフポスト日本版 国民投票の結果で歓喜に沸く

    同性婚の合法化「賛成」が61%

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ