メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人口減少

関連キーワード

  • 県の人口減少(2015年10月20日 朝刊)

    1920(大正9)年の第1回国勢調査では141万人。戦後間もない1955(昭和30)年にはピークの204万人に達した。それ以降、減少に転じ、75〜85年にはいったん増加に転じたものの、86年から再び減少し、98年からは死亡数が出生数を上回っている。2010年は170万人だった。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、40年には約23%減の131万人に。65歳以上が全人口に占める割合は年々増加し、40年には37・5%になるという。

  • 新潟県の村(2009年02月23日 朝刊)

    市町村合併で少なくなり、現在、弥彦、関川、刈羽、粟島浦の四つになった。弥彦以外は過疎化によっていずれも人口減少が続いている。住民基本台帳に基づく調査によると、昨年3月末時点で関川は6969人、刈羽が4971人、粟島浦が365人。54年、関谷村と女川村が合併してできた関川村は当時約1万2千人がいたが、今はその6割になった。

  • 過疎地域(2011年09月11日 朝刊)

    過疎地域自立促進特別措置法では45年間の人口減少率が33%以上などの人口要件と、基準より低い財政力要件を満たす市町村が過疎地域。その数は全国776、近畿51。神奈川、大阪2府県はゼロ。長浜市は合併前の旧余呉町区域が過疎地域。人を活用した政府の支援制度には、集落支援員や地域おこし協力隊がある。

最新ニュース

来春から入学者、奥尻高全国募集(2016/08/30)

■人口減で定員割れ続き 奥尻町の町立奥尻高校は、来年4月の入学者から生徒を全国募集する。町の人口減少で定員割れが続くためで、町教育委員会は全国募集により入学者を増やしたい考えだ。 道教委によると、推薦[続きを読む]

写真

  • 握手を交わす富士通研究所の原裕貴取締役(左)、月形祐二市長(中央)と九州大の若山正人理事・副学長=糸島市役所
  • 『2050 近未来シミュレーション日本復活』
  • 住民と応援隊の県職員が一緒に約4キロの道のりを歩いた=美祢市東厚保町川東
  • 重蔵神社の大祭で勢ぞろいした各地区のキリコ=23日、輪島市マリンタウン

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】AF性能が大幅進化!

    動体にも強い高級ミラーレス

  • 【&TRAVEL】町家に暮らし、町家に帰る

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】グッとくる鉄道・東京散歩

    貨物列車を眺めに金町に行く

  • 【&w】化粧水に宇宙生物学を応用

    ランコム、重力への挑戦<PR>

  • ブック・アサヒ・コム絵本作家いまいあやのの作品

    「自分の世界観の絵を……」

  • WEBRONZA実在の政党名で模擬選挙ダメ

    学校教育と政治的中立って

  • 写真

    ハフポスト日本版 水着で名残り惜しむ8月

    画像集で紹介

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ