メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人口減少

関連キーワード

  • 県の人口減少(2015年10月20日 朝刊)

    1920(大正9)年の第1回国勢調査では141万人。戦後間もない1955(昭和30)年にはピークの204万人に達した。それ以降、減少に転じ、75〜85年にはいったん増加に転じたものの、86年から再び減少し、98年からは死亡数が出生数を上回っている。2010年は170万人だった。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、40年には約23%減の131万人に。65歳以上が全人口に占める割合は年々増加し、40年には37・5%になるという。

  • 新潟県の村(2009年02月23日 朝刊)

    市町村合併で少なくなり、現在、弥彦、関川、刈羽、粟島浦の四つになった。弥彦以外は過疎化によっていずれも人口減少が続いている。住民基本台帳に基づく調査によると、昨年3月末時点で関川は6969人、刈羽が4971人、粟島浦が365人。54年、関谷村と女川村が合併してできた関川村は当時約1万2千人がいたが、今はその6割になった。

  • 過疎地域(2011年09月11日 朝刊)

    過疎地域自立促進特別措置法では45年間の人口減少率が33%以上などの人口要件と、基準より低い財政力要件を満たす市町村が過疎地域。その数は全国776、近畿51。神奈川、大阪2府県はゼロ。長浜市は合併前の旧余呉町区域が過疎地域。人を活用した政府の支援制度には、集落支援員や地域おこし協力隊がある。

最新ニュース

児童はデータをもとにグラフを作製した=神戸町和泉

岐阜)県統計課職員による出前授業開催 神戸町の小学校(2016/06/28)

 神戸町立南平野小学校で、県統計課職員による出前授業があった。6年生23人が町の人口や産業の統計を使って学習。数字をもとに作ったグラフによって、相手にさらに伝わりやすくなることなどを学んだ。 授業は1[続きを読む]

写真

  • 児童はデータをもとにグラフを作製した=神戸町和泉
  •   
  • 憲法改正の各党候補者の違い
  • 谷口将紀・東京大教授
  • 出迎えた市のマスコット「ベリーちゃん」と握手を交わす佐藤信市長=鹿沼市役所
  • 投資家のジム・ロジャーズさん=シンガポール、都留悦史撮影
  • 町中心部の商店街。まちづくり会社は、にぎわいの復活を目指す=笠置町
  • 朝日新聞デジタルのアンケート 「長時間労働はなぜいけない?」
  • 長時間労働はなぜいけない?/長時間労働を減らすには?/転勤・異動はどうしたらいい?/回答者の内訳

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】炊き上がったらすぐ冷凍

    ごはんをおいしく保存するコツ

  • 片思いの女性に。恋が成就

    メイド・イン・京都の傘

  • 【&M】薬味たっぷり冷おろしそば

    マリエさんのイケ麺

  • 【&w】門外不出のカレー伝わる理由

    鎌倉から、ものがたり。

  • ブック・アサヒ・コム読者の悩みに斎藤環が回答

    どっちの宗教がいいでしょう?

  • WEBRONZA小学校のプログラミング教育

    教育の再プログラミングが課題

  • 写真

    ハフポスト日本版 ユーロ2016を彩る美女サポーター

    応援する女性たちが熱い

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ