メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人口減少

関連キーワード

  • 県の人口減少(2015年10月20日 朝刊)

    1920(大正9)年の第1回国勢調査では141万人。戦後間もない1955(昭和30)年にはピークの204万人に達した。それ以降、減少に転じ、75〜85年にはいったん増加に転じたものの、86年から再び減少し、98年からは死亡数が出生数を上回っている。2010年は170万人だった。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、40年には約23%減の131万人に。65歳以上が全人口に占める割合は年々増加し、40年には37・5%になるという。

  • 青森県の人口減少(2018年01月08日 朝刊)

    2015年の国勢調査によると、青森県の人口は約130万9千人。前回(10年)からの減少率4・7%は、全国ワースト3位だった。65歳以上の割合を示す高齢化率は30・1%(全国26・7%)。日本創成会議が14年に公表した推計人口では、県内40市町村のうち35市町村が「消滅の可能性がある」とされ、うち23町村は「消滅の可能性が高い」とされた。国立社会保障・人口問題研究所が13年に発表した推計人口は、40年に県の総人口は100万人を割り、高齢化率は40%を超えるとしている。

  • 新潟県の村(2009年02月23日 朝刊)

    市町村合併で少なくなり、現在、弥彦、関川、刈羽、粟島浦の四つになった。弥彦以外は過疎化によっていずれも人口減少が続いている。住民基本台帳に基づく調査によると、昨年3月末時点で関川は6969人、刈羽が4971人、粟島浦が365人。54年、関谷村と女川村が合併してできた関川村は当時約1万2千人がいたが、今はその6割になった。

最新ニュース

「自動運転トラクターの世界市場:2025年に至る出力別、作物タイプ別予測」最新調査リリース(2018/2/21)

【レポート紹介】自動運転トラクター市場は今後急速な拡大が予測されます。台数ベースの世界市場規模で2019年に12,508台、今後2025年には60,901台とレポートでは分析しています。先進国における…[続きを読む]

写真

  • 朝日新聞の取材に答えるビル・ゲイツ氏=米ワシントン州カークランド、ジョン・ロック氏撮影
  • 2018年度 富山県一般会計当初予算案
  • 名古屋教会幼稚園の隣の敷地で始まったマンション工事。完成すると、奥のビルを上回る高さになる=名古屋市中区丸の内3丁目
  • 増床リニューアルオープンするイオンモール宮崎のイメージ
  • 藤井勇治氏
  • 京セラドームにあるオリックスの球団グッズなどを扱うショップ=大阪市
  • 3月のダイヤ改定について説明するJR九州長崎支社の深田康弘支社長(左)=長崎市尾上町
  • 画家・北村直登さん(右)に話を聞くツアー参加者たち=大分市
  • 高齢社会対策大綱に盛り込まれた主な施策
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ