メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人工呼吸

関連キーワード

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

  • PICUの基準(2008年11月26日 朝刊)

    厚生労働省は73年に集中治療室(ICU)の施設基準を定めた。「広さが1床あたり15平方メートル以上」「専任医師が常時いる」「人工呼吸器など6種の装置が常時ある」などを満たす施設での治療には、診療報酬を請求できる。これはPICUにも適用されている。関係学会は、必要最低限の条件なのに「十分条件」と誤解されている▽大人用の基準は幼児には不適切、などの理由で、質の高いPICUの「目標」となる設置基準を昨年示した。

  • 脳死(2009年06月19日 朝刊)

    脳幹を含むすべての脳の機能が完全に止まり、回復することがない状態。自発呼吸をつかさどる脳幹の機能が失われているので、人工呼吸器を使わないと呼吸できず、心停止に至る。現行の臓器移植法では、脳死からの臓器提供を望む意思をあらかじめ書面に残していた人が、実際に脳死になり、国のガイドラインに基づく法的脳死判定で確認された場合だけ、脳死は「人の死」になり、その人の臓器を摘出することができる。家族が拒めば、判定も摘出もできない。法的脳死判定は、複数の医師が、人工呼吸器を止めて自発呼吸がないかどうか調べる無呼吸テストなど5項目の検査を6時間あけて2回行う。臨床現場では、医師が治療方針を決めるため、患者が脳死状態かどうか調べることがある。その場合、法的脳死判定の検査項目から無呼吸テストを除くことが多い。いわゆる「植物状態」は脳幹の機能が残っていて自発呼吸があり、脳死とは異なる。

最新ニュース

写真・図版

過酷な病気、でもあきらめない SNSでつながる絆(2017/10/21)

 私の人生を変えた筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、2012年の体調不良から始まりました。倦怠(けんたい)感が続き、体重は激減。難病専門の総合病院を受診しますが、病名特定に至らず不安だけが募りました。呼…[続きを読む]

写真

  • 北條正伯さん=新潟市西蒲区
  • パレスチナとイスラエルの関係
  • 停電が続く中、充電式バッテリーにつないだ電球の明かりで勉強する子どもたち
  • 新たな診療ガイドラインづくりの試み
  • 大西医院神経内科・内科 大西洋司院長
  • 長村千恵さん(家族提供)
  • 長村千恵さん=家族提供
  • 7月に掲載された「患者を生きる 我が家で」シリーズでは、東京都新宿区の「暮らしの保健室」とつながる一人暮らしの男性を取材しました。楽しかった取材のひとつです
  • 過疎地などから高度な専門医療を必要とする患者を運ぶ、小型ジェット機「メディカルウイング」=道庁提供
  • 研修に参加する県総合療育センターの伊藤春美さん(左から2人目)と星総合病院の加藤洋子さん(同3人目)=郡山市向河原町
  • メディカルウイングの内部=道庁提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ