メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人工呼吸

関連キーワード

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

  • PICUの基準(2008年11月26日 朝刊)

    厚生労働省は73年に集中治療室(ICU)の施設基準を定めた。「広さが1床あたり15平方メートル以上」「専任医師が常時いる」「人工呼吸器など6種の装置が常時ある」などを満たす施設での治療には、診療報酬を請求できる。これはPICUにも適用されている。関係学会は、必要最低限の条件なのに「十分条件」と誤解されている▽大人用の基準は幼児には不適切、などの理由で、質の高いPICUの「目標」となる設置基準を昨年示した。

  • 脳死(2009年06月19日 朝刊)

    脳幹を含むすべての脳の機能が完全に止まり、回復することがない状態。自発呼吸をつかさどる脳幹の機能が失われているので、人工呼吸器を使わないと呼吸できず、心停止に至る。現行の臓器移植法では、脳死からの臓器提供を望む意思をあらかじめ書面に残していた人が、実際に脳死になり、国のガイドラインに基づく法的脳死判定で確認された場合だけ、脳死は「人の死」になり、その人の臓器を摘出することができる。家族が拒めば、判定も摘出もできない。法的脳死判定は、複数の医師が、人工呼吸器を止めて自発呼吸がないかどうか調べる無呼吸テストなど5項目の検査を6時間あけて2回行う。臨床現場では、医師が治療方針を決めるため、患者が脳死状態かどうか調べることがある。その場合、法的脳死判定の検査項目から無呼吸テストを除くことが多い。いわゆる「植物状態」は脳幹の機能が残っていて自発呼吸があり、脳死とは異なる。

最新ニュース

千葉大学病院が世界に先駆けてギラン・バレー症候群に対する医師主導治験の結果を発表(2018/4/24)

リリース発行企業:国立大学法人千葉大学- 25年ぶりに新規治療の可能性を示唆 -千葉大学医学部附属病院(病院長 山本 修一 ・千葉市中央区)の神経内科・桑原 聡 教授らの研究グループは、ギラン・バレー…[続きを読む]

写真

  • 佐々木淳・悠翔会理事長
  • 漫画「子供と大人でつなぐ命のリレー」の一場面=日本救急蘇生普及協会提供
  • タッチパネル端末を操作する菊池洋勝さん=2018年1月21日、宇都宮市西川田町
  • 佐々木淳・悠翔会理事長
  • バイクに貼られたFAのステッカー=横浜市中区日本大通
  • 古民家の庭に咲いたカンヒザクラ=大阪府能勢町、西岡京子さん撮影
  • 新潟大学病院集中治療部 本田博之医師
  • 新潟大学医歯学総合病院 高次救命災害治療センター 新田正和准教授
  • 対局後に表彰された中島大輔さん(左)と村田律歩さん=松阪市小阿坂町
  • 真剣に対決する中島大輔さん(手前)と村田律歩さん=松阪市小阿坂町
  • 新潟大学病院集中治療部 本田博之医師
  • イラスト・シマダユミコ
  • 小川俊彦さんの仕事は内勤が主だが、車を運転して営業に出かけることもある=広島県福山市
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ