メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

介護予防

関連キーワード

  • 市町村介護予防強化推進事業(2012年11月26日 朝刊)

    要支援から要介護2までの比較的軽度の高齢者が対象。モデル事業は東京都世田谷区や荒川区、三重県いなべ市、岡山市など全国13市区町村が取り組んでいる。生駒市は、予防サービス(通所・訪問の組み合わせ)、生活支援サービス(買い物や掃除など)、転倒予防教室、食事会(ひまわりの集い)などを2年間実施し、その結果を踏まえ2014年度からの介護保険事業計画に盛り込むことを検討する。

  • 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)(2016年04月16日 朝刊)

    介護保険の要支援1〜2と、介護保険対象外の高齢者向けのサービス。訪問型や通所型などがあり、市町村ごとに、住民やNPOを活用しながら、内容や単価を決め、多様なサービスを提供できる。2017年度までに全市町村での実施が決まっている。

  • 要介護認定(2014年03月05日 朝刊)

    2000年度に導入された介護保険制度に基づき、軽い方から要支援1〜2と要介護1〜5の7段階に分けられる。市区町村に申請した後、調査員による聞き取りや主治医の意見書を元に、市区町村ごとの介護認定審査会が判定する。認定されると必要度や費用に応じてホームヘルパーなどの介護サービスや、介護予防サービスが受けられる。

最新ニュース

株式会社ラッキーソフト、自立支援を促すロボットの新バージョンを「国際福祉機器展H.C.R.2017」に出展(2017/9/25)

株式会社ラッキーソフト(本社:神奈川県平塚市、代表取締役:三田村 勉)は、全国展開しているリハビリテーショントレーニングツール「TANO」の新バージョンを発表します。URL: http://www.l…[続きを読む]

写真

  • バランス能力を調べる「FRT」という検査を受ける参加者=青森市東大野2丁目
  • 根本慎太郎教授(右から4人目)が率いる看護師や学生ら=高槻市大学町
  • 10食品群のチェックシート。食品群ごとに摂取したら○をつける。1日3回の食事を通して、9個以上の項目に毎日○がつくことを目標にする=熊谷修さん提供
  • 相談員(右)の見本通りに体操をする参加者ら=青森市新町2丁目
  • 移動支援の例
  • 移動支援の例/「認知症と運転」を考える上で、これからもっとも必要だと思うことは?
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ