メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

介護支援専門員

関連キーワード

  • ケアマネジャー(介護支援専門員(2014年03月17日 朝刊)

    介護保険を使う際、高齢者に会って必要な介護サービスを判断し、家族らと相談して、毎月の介護サービス利用計画(ケアプラン)をつくる。プランがきちんと実行されているかどうかもチェックする。2000年に介護保険ができたのに合わせて、つくられた。都道府県が認定する資格で、全国で約14万人が働く。中立の立場で高齢者のために必要な介護を選ばなければならないが、特定の事業所との結びつきが強まると、その事業所のサービスを優先する「ひもつきケアマネ」になるとの指摘がある。

  • 地域包括支援センター(2014年06月15日 朝刊)

    各自治体が介護保険法に基づいて設置する。保健師、社会福祉士、介護支援専門員の三つの専門職を置くのが基本で、高齢者福祉の相談窓口の機能を果たす。住宅訪問などを通して高齢者や家族からの相談を受け、介護などのサービスが必要であれば関連機関を紹介する。運営は市町村が担う場合もあれば、社会福祉協議会や民間企業に委託することもある。高齢化社会に伴い増加傾向にあり、昨年4月現在で全国4484カ所に置かれている。

  • ケアマネジャー(2013年11月08日 朝刊)

    介護支援専門員。介護が必要な人の心身の状況や希望に応じて、自宅や施設で適切なサービスを利用できるように計画を作る。介護施設や訪問サービスの事業者との連絡・調整も担う。介護保険法で定められた専門的な資格の一つ。

最新ニュース

写真・図版

高知)陰影や内面世界掘り下げ、国際版画展 いの町(2017/11/22)

 第10回高知国際版画トリエンナーレ展が、いの町幸町の町紙の博物館で開かれている。世界51カ国・地域から寄せられた応募作1483点の中から、入賞・入選作168点を展示。人物の陰影を丹念に描いたり、自ら…[続きを読む]

写真

  • 優れた作品が並ぶ館内。右端は原爆をテーマにした入選作「黒い雨―叫び―」=いの町紙の博物館
  • 実践報告や質疑を通じて認知症カフェの意義や課題を考えた=能代市上町の「能代ふれあいプラザ・サンピノ」
  • 実践報告や質疑を通じて認知症カフェの意義や課題を考えた=能代市上町の「能代ふれあいプラザ・サンピノ」
  • 「全部飲んで下さい」と書いた紙を男性(右)に見せるヘルパーの安藤春慶さん
  • 「全部飲んで下さい」と書いた紙を男性(右)に見せるヘルパーの安藤春慶さん
  • 幸せって何ですか?
  • イラスト・深川直美 
  • イラスト・ふくいのりこ
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】カーライフ語るトークショー

    近藤真彦さんら登場<PR>

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA中小企業をどう支援するか

    広がる中小企業支援の新しい形

  • 写真

    アエラスタイルマガジンクーペの匠、BMWの1台

    走行性、快適性、見ため全て◎

  • 写真

    T JAPANマッキー牧元が注目する

    東東京の美味な店<後編>

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ