メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

仙台市

関連キーワード

  • 仙台市の敬老乗車証制度(2010年02月18日 朝刊)

    対象は70歳以上で路線バス・地下鉄が利用できる。年5千円(低所得者は千円)で無制限に利用できる第1種と、無料で年1万円分使える第2種のどちらかを選ぶ。1973年に創設され、02年に一律無料から現制度に移行した。第1種交付者1人あたりの年平均の利用回数は約200回で、利用額は約5万円。

  • 仙台市若林区荒浜(2011年12月27日 朝刊)

    慶長から元和(1596〜1624年)に3人の浪人が定住したのが始まりと伝わる。長く漁業と農業が中心だったが、地区西側の荒浜新町での1980年代の区画整理事業に伴い会社員らが増えた。漁協やJAなどによると震災前の約700戸中、漁業者は約20戸、農業者は約180戸で、他の大半は会社員。大半は土地・家屋所有者とみられ、震災でほぼ全ての住居が流失・全壊した。犠牲者は約170人。

  • 仙台市の学童保育(2012年01月16日 朝刊)

    利用者は年々増加しており、2011年度は05年度の1・9倍(5919人)。10年度の児童クラブ運営費は約11億円で、児童館運営費(約20億円)の半分以上を占めた。

最新ニュース

宮城)川崎町で「かまくらまつり」(2017/1/22)

 川崎町のみちのく杜の湖畔公園で「かまくらまつり」が開かれている。21日は前日夕から降り積もった雪で一面銀世界。多くのちびっ子らでにぎわった。2月26日まで。 今冬で15回目。山形県境の峠からトラック[続きを読む]

仙台市をコトバンクで調べる

写真

  • かまくらの中に入ったり、雪だるまをつくったりする家族連れら=川崎町のみちのく杜の湖畔公園
  • 東京湾の屋形船(左)に続いて奥入瀬渓流の様子が映し出される=県提供
  • 寄付つきの「純米大吟醸 極」を手にする(左から)江川和弥理事長、唐橋裕幸社長、鈴木祐司専務理事=会津若松市山鹿町
  • 第156回「芥川賞」を受賞し、会見で心境を語る山下澄人氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 芥川賞に決まった山下澄人さん(右)と、直木賞に決まった恩田陸さん=19日午後、東京都千代田区の帝国ホテル、北村玲奈撮影
  • 第156回芥川龍之介賞を受賞した山下澄人氏((C)新潮社写真部)と第156回直木三十五賞を受賞した恩田陸氏
  • アイリスオーヤマが2月から売り出すIHジャー炊飯器=同社提供
  • イベント会場の譲渡会コーナー。多くの市民が訪れた=14日、札幌市西区八軒5条西6丁目
  • アイリスオーヤマの家電の売り上げは伸びている
  • 名取市閖上地区で建築中の災害公営住宅。この場所には6階建て集合住宅4棟を建てる。市全体では約700戸を整備する

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】スマホとゴーグルで宇宙へ

    新発売のVR玩具

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】東京オートサロン2017

    会場彩った美女たちを写真で

  • 【&w】うちは「おかえり~♪」です

    相武紗季×遊川和彦対談

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA青天かつらで際立つ美貌

    星組『燃ゆる風』で七海ひろき

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ