メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 仮想通貨(2014年05月28日 朝刊)

    インターネット上で、特定のグループの間で「マネー」として使われている。個人同士でやりとりできるため、金融機関に支払う送金手数料などがかからず、低コストで素早く送金できる。一方、円やドルなどの通貨と違い、お金として使える店舗は限られ、特定の発行者や管理者がいないため、通貨の信用を裏付ける機関がない。価格は需要と供給により常に上下している。

  • 位置ゲー(2010年03月31日 夕刊)

    コロプラは、現実の移動距離に応じて得られる仮想通貨(1キロ=1プラ)を使い、携帯電話の中で自分の街を発展させていくゲーム。土地を広げ(1マス=80プラ)、酸素、水、食料などの生産設備を置き(各15プラ)、人口が増えるのを待つ。会費は無料。利用者は98万人。20〜40代の利用者が8割を占める。利用者が提携店で品物を買うとカードがもらえ、そこに書かれた英数字を携帯電話で入力すると、ゲーム内でも同じ品物が希少な「仮想お土産」として手に入る。ほかの利用者に高額のプラで売り、それを元手にさらに街を大きくして楽しむ。携帯電話のGPS機能を使ったゲームでは、「ケータイ国盗(と)り合戦」(地図会社マピオン運営、利用者約45万人)、「ケートラ」(ホンダ運営、同約6万5千人)などもある。

  • 仮想空間ビジネス(2010年05月27日 夕刊)

    インターネット上のコンピューター・グラフィックスでつくられた街で、参加者が自分の分身「アバター」を操り、仮想通貨で買い物したり、他の参加者と会話したりできる。事業者は仮想空間内の「土地」などを参加者に売り、収益を上げる。米国リンデンラボ社の「セカンドライフ」が先駆けとされ、国内では、人気スポットを再現した「アメーバピグ」、東京23区の「ミートミー」が代表格。初期費用はいらず、一般的なパソコンがあれば参加できる。

最新ニュース

仮想通貨・暗号通貨の開発及び、世界の投資銀行等の金融機関・事業会社等に対するブロックチェーン開発等のアドバイザリー業務を開始(2017/1/16)

リリース発行企業:WHITE FOX VENTURES, INC. 米国株式公開企業のWhite Fox ベンチャーズ株式会社(White Fox Ventures, Inc.以下、WFV)証券コード[続きを読む]

写真

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】素材と色で選ぶ冬小物

    冬こそ暖色系でコーディネート

  • 【&TRAVEL】いくらあれば旅に出られる?

    おとな女子のひとり旅

  • 【&M】ヴィッツにハイブリッド登場

    燃費は34.4km/リッター

  • 【&w】三國シェフ、2冊の復刻本

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム幸せって何だっけ?

    宮田珠己が本を読んで考える

  • WEBRONZA出版不況はAmazon不況?

    硬派な本が生き残る条件

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ