メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

仮設住宅

関連キーワード

  • 仮設住宅(2014年11月24日 朝刊)

    災害救助法に基づき、都道府県が被災者に提供する一時的な住宅。プレハブなどの建設仮設と、民間の賃貸住宅の借り上げ仮設(みなし仮設)がある。利用期間は2年が原則だが、東日本大震災では復興の遅れから長期化。阪神大震災では5年で解消された。

  • 仮設住宅の集会所(2011年05月12日 朝刊)

    住民の交流を深めるため、県が50戸以上の仮設住宅に設置する。広さ約100平方メートルで、集会室や台所、ボランティアの事務スペースのほか、介助入浴ができる浴室や多機能トイレも備える。50戸未満でも可能な範囲で小規模な談話室を設ける。一部の集会所には、国が高齢者や障害者にデイサービスなどの支援を提供するための拠点を併設する。

  • 仮設住宅での医療ケア(2011年05月13日 朝刊)

    阪神大震災では仮設住宅での孤独死が相次いだ。支援の目が届きにくくなったのが原因とされ、今回はその教訓を生かした医療・福祉の充実が求められている。宮古市は、田老地区の宿泊施設「グリーンピア三陸みやこ」の敷地内で建設が進む計400戸の仮設住宅のため仮設診療所を開く。宿泊棟の一角に医療機器を備え、内科医1人が常勤。仮設住宅の一室で地区の歯科医が仮設医院を開く計画もある。

最新ニュース

写真

  • 少しずつ住宅の再建が進む大槌町の中心部
  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 市川武さんと談笑する中井大介さん(右)
  • 川内村の住民が避難してきた仮設住宅の閉所式であいさつする遠藤雄幸村長(左)=郡山市南1丁目
  • ボランティアで避妊・去勢手術をする菅原康雄さん
  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 『「三陸津波」と集落再編 ポスト近代復興に向けて』
  • 来場者の受け付けをするユースチームのメンバー=笠間市の岩間中体育館
  • 県警職員らに見送られる特別出向の警察官(右)=盛岡市
  •   
  • 東日本大震災被災地の仮設住宅の住民らが手作りした小物の数々と、企画した渡辺良長さん=串本町須江
  • 2011年5月の日誌。心臓発作の疑いがある避難者への対応が記されている
  • 2011年5月の日誌。心臓発作の疑いがある避難者への対応が記されている
  • 避難所となった「ビッグパレットふくしま」の救護所での診察記録
  •   
  • 帰ってきた牛を出迎える下枝初恵さん(左)=葛尾村落合
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】きれいめ色を主役に

    代官山で聞いた春コーデ

  • 【&TRAVEL】春爛漫!花見露天のある温泉

    一度は泊まりたい宿3選

  • 【&M】アウディR8スパイダー上陸

    炭素樹脂のルーフが開閉

  • 【&w】碑文谷にグランドオープン

    イオンスタイル<PR>

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA温暖化対策に動かぬ日本企業

    このままでは世界の孤児に

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ