メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

伊万里市

関連キーワード

  • まちづくり基本条例(2008年08月15日 朝刊)

    住民自治の基本原則や市民参加のルールを定めるもので、「自治体の憲没とも言われる。01年4月の北海道ニセコ町をはじめ、「自治基本条例」といった名称で、既に全国で100を超す自治体が制定しているとみられる。条文に住民投票制度を盛り込んでいる例もある。県内では、伊万里市が06年、市民参加のルールや「情報共有」の原則をうたった「市民が主役のまちづくり条例」を定めているが、「すべての条例に優越するような、基本条例としての性格は持っていない」(同市男女協働・まちづくり課)という。

  • カブトガニ(2008年08月22日 朝刊)

    2億年前からほとんど姿を変えていない節足動物。おわんのような殻をかぶった体にとげのようなしっぽを持つ。体長はオス50センチ、メス60センチ程度。世界的には東南アジアや中国、アメリカの東海岸に生息。国内では現在、曽根干潟や伊万里湾のほか、瀬戸内海の山口県沿岸、福岡市の今津湾、大分県杵築市の守江湾などで確認されており、瀬戸内が分布の北限とされる。繁殖には産卵のための砂地と、幼生が育つための干潟が必要だが、干拓や埋め立て、護岸工事などで生息地が減少。環境省のレッドデータブックで「絶滅の危機にひんしている」絶滅危惧(きぐ)I類に指定されている。岡山県笠岡市、愛媛県西条市、佐賀県伊万里市では、繁殖地がそれぞれ国、県、市の天然記念物になっている。

  • 六角川(2009年09月15日 朝刊)

    武雄市山内町の神六山(447メートル)が源流で、流域面積は341平方キロ、幹川流路延長は47キロ。流域市町村は武雄市や多久市、小城市、大町町、江北町、白石町で、流域内人口は15万人(00年国勢調査)。松浦川源流は武雄市山内町の青螺山(せいらさん)(599メートル)。流域面積446平方キロ、幹川流路延長は47キロ。流域市町村は唐津市や伊万里市、武雄市で、流域内人口は10万人(同)。

最新ニュース

佐賀西信用組合とコイニー、フィンテック地方創生パートナーとして提携(2018/5/22)

佐賀西信用組合(本店:佐賀県鹿島市、理事長:栢森 久)とコイニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐俣 奈緒子、以下コイニー)は、佐賀西信用組合の営業エリアに所属する地元事業者に対し、スマ…[続きを読む]

伊万里市をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ