メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

会津若松市

関連キーワード

  • 議員報酬をめぐる全国の動き(2011年06月19日 朝刊)

    福島県矢祭町議会が08年、全国で初めて日当制を導入した。鳥取県江府町でも同年、住民団体が条例改正を直接請求したが、議会が否決した。熊本県五木村議会は10年、成果主義を採用した。毎月の基本給に質問や議会改革への取り組みなど貢献度に応じ額を加える。福島県会津若松市議会は08年8月〜10年12月、市民も交え報酬を見直した。市民から要望や相談を聞く時間も政策につながれば公務とし、年間169日の活動で770万円を上限額と決めた。

  • 会津さざえ堂(2010年09月24日 朝刊)

    福島県会津若松市の白虎隊墓所のある飯盛山の中腹にある。1796(寛政8)年建立で正式名称は円通三匝堂(えんつうさんそうどう)。平面六角形の三層構造で、内部に上りと下りが別々になった二重らせん構造の斜路がある。

最新ニュース

起き上がり小法師の研究を託した吉川太陽さん(左)と「頑張ったかいがあった」と話す相田一樹さん。手前は実験に使った小法師=会津若松市一箕町の会津学鳳高

必ず起き上がる小法師 会津の高校生開発「復興象徴に」(2015/02/27)

 福島県会津地方の民芸品「起き上がり小法師」。七転び八起きの縁起物として知られるが、倒れ方によっては寝たままになることも。その原因を地元の高校生が解き明かし、「必ず起き上がる」小法師を考え出した。東日[続きを読む]

会津若松市をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 起き上がり小法師の研究を託した吉川太陽さん(左)と「頑張ったかいがあった」と話す相田一樹さん。手前は実験に使った小法師=会津若松市一箕町の会津学鳳高
  • 起き上がり小法師の研究を託した吉川太陽さん(左)と「頑張ったかいがあった」と話す相田一樹さん。手前は実験に使った小法師=会津若松市一箕町の会津学鳳高
  • 収集した珍しい農具「半唐箕(はんとうみ)」を前に笑う佐々木長生さん=会津若松市の県立博物館
  • 「体育館があってうらやましいね」。プレハブの仮校舎で、本来通うはずだった大熊町にある校舎の写真を見つめる生徒たち=福島県会津若松市の大熊中学校
  • 鶴ケ城天守閣の展望台から、雪に包まれた市内を見下ろすタイ旅行代理店協会の関係者=会津若松市追手町
  • 新入社員にレンズのクリーニングを指導する小椋利廣さん=福島県会津若松市の会津オリンパス
  • 新入社員にレンズのクリーニングを指導する小椋利廣さん=福島県会津若松市の会津オリンパス
  • 復古三兄弟のリンゴジュース。左から紅玉、緋(ひ)の衣、国光。瓶の上部にある円形のシールで区別できる
  • ゆでたそばの湯切りをする人=南砺市利賀村上百瀬
  • 後藤俊子さん=福岡県筑紫野市
  • いわきにできるサイクリングロード
  • 後藤俊子さん=福岡県筑紫野市
  • オープンしたての「梨の実サロン平」で大熊町の伝統行事「いなぼつけ」を楽しむ子どもたち=25日午前、いわき市平
  • 川内原発再稼働反対を訴えながら市街地をデモ行進する参加者たち=25日午後3時6分、鹿児島市
  • 『さまよえる町 フクシマ曝心地の「心の声」を追って』
  • 県代表に選ばれた南相馬市立原町一中の木管八重奏=いわき市平

注目コンテンツ

  • ショッピング激化するシャーペン戦争

    各社折れないのはなぜ?

  • ブック・アサヒ・コム91歳佐藤愛子の『晩鐘』

    ダメ夫にこだわった人生

  • 【&M】仏の名門中の名門の靴

    男のブランド館

  • 【&w】「生まれつき美人に見せる」

    メイクの極意伝える本

  • Astand日本去った世界的ベンチャー

    ネット普及で開けた世界への道

  • 写真

    ハフポスト日本版 あの人は今…(70′s編)

    ボブ・ディラン、クラプトン、S&G、俺たちのスターは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ