メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

会津若松市

関連キーワード

  • 会津若松市のICTオフィスビル建設計画(2016年06月27日 朝刊)

    会津若松市役所に近いJT会津営業所跡地(約9500平方メートル)に、ICT関連の大手・ベンチャー企業十数社が入居し、約500人が働くオフィスビルを建てる計画。ビルを建設し、「大家」として運営するのは、市ではなく民間企業。市の基本計画によると、2016年度中に土地を取得し、17年7月に着工、19年3月に完成予定で、経済波及効果は10年間で257億〜267億円としている。

  • 議員報酬をめぐる全国の動き(2011年06月19日 朝刊)

    福島県矢祭町議会が08年、全国で初めて日当制を導入した。鳥取県江府町でも同年、住民団体が条例改正を直接請求したが、議会が否決した。熊本県五木村議会は10年、成果主義を採用した。毎月の基本給に質問や議会改革への取り組みなど貢献度に応じ額を加える。福島県会津若松市議会は08年8月〜10年12月、市民も交え報酬を見直した。市民から要望や相談を聞く時間も政策につながれば公務とし、年間169日の活動で770万円を上限額と決めた。

  • 会津さざえ堂(2010年09月24日 朝刊)

    福島県会津若松市の白虎隊墓所のある飯盛山の中腹にある。1796(寛政8)年建立で正式名称は円通三匝堂(えんつうさんそうどう)。平面六角形の三層構造で、内部に上りと下りが別々になった二重らせん構造の斜路がある。

最新ニュース

写真・図版

福島)鶴ケ城天守閣、市民に無料入場券配布へ(2018/5/22)

 福島県会津若松市の室井照平市長は21日の定例記者会見で、市民を対象に鶴ケ城天守閣への無料入場券を配布する考えを明らかにした。入場者が減少傾向にあるうえ、市外からの観光客が大半で、市民はごくわずかとい…[続きを読む]

会津若松市をコトバンクで調べる

写真

  • 五月晴れの下、観光客でにぎわう鶴ケ城=福島県会津若松市追手町
  • 茶色い子牛の赤べこ「までべこ」=福島県飯舘村深谷
  • 記念パネルの除幕後、内堀雅雄知事(前列右から4人目)とともに写真撮影に応じる金賞受賞蔵の代表者ら=県庁
  • 握手を交わす室井照平会津若松市長(右)と柏木征夫御坊市長=御坊市役所
  • 「白虎隊自刃図」を使った切手
  • 幕末から現代までの主なできごと
  • 戊辰戦争で会津側と新政府軍との交戦の舞台となった鶴ケ城。多くの観光客が訪れ、「戊辰150周年」の旗がたなびいていた=4月12日、福島県会津若松市
  • 日新館の正門にあたる南門。江戸時代は藩主ら上級武士だけが通行を許され、生徒は別の門から出入りしていた=福島県会津若松市河東町南高野
  • 李相花
  • 県高校野球連盟の理事会が催された=郡山市熱海2丁目
  • 80年余りの歴史をもつ会津若松市役所本庁舎旧館=会津若松市東栄町
  • 会津図書館では長岡、会津若松両市内の戊辰戦争ゆかりの地を示すパネルも展示されている=福島県会津若松市栄町
  • ライトアップされた桜の向こうに天守閣が浮かび上がった=会津若松市追手町の鶴ケ城公園
  • 旧高橋館の前には「倒壊の危険があります。近寄らないで下さい」との看板が立てられている=会津若松市東山町湯本
  • 咲き始めた鶴ケ城の桜=会津若松市追手町
  • 広沢安任の足跡を語る学芸員の吉田幸弘さん=青森県三沢市谷地頭の三沢市先人記念館
  • 渡り初めを行う高野さん一家=会津若松市追手町
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ