メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

住民投票

関連キーワード

  • 住民投票(2015年10月19日 朝刊)

    道の駅の建設など個別の課題に関する投票には条例の制定が必要。住民による制定の直接請求には、有権者の50分の1以上の署名を集め、議会が可決しなければならない。一定以上の署名があれば、議決を経ずに実現する「実施必至型」条例を持つ自治体もあるが、数は少ない。議会解散や首長の解職(リコール)の直接請求に関する投票は、有権者の3分の1の署名が原則必要。

  • 帰属問題と住民投票(2008年07月17日 朝刊)

    05年のイラク憲法などで、旧フセイン政権時代にキルクーク州から強制移住させられたクルド人の帰還を進めて人口調査を行い、07年末までに同州をクルド地域に編入するかどうか住民投票を実施することになっていた。しかし昨年12月、「準備の遅れ」などを理由に半年延期されていた。

  • 広島市住民投票条例(2011年09月15日 朝刊)

    2003年に制定された。対象が市政運営上の重要事項であると認められる場合、投票資格のある市民の10分の1以上の署名が集まれば、市長は住民投票を実施しなければならない。議会の議決を要する従来の住民投票に対し、こうした条例は「常設型」と呼ばれる。朝日新聞の調べでは、今年1月現在で全国の計42自治体が制定している。

最新ニュース

大阪都構想、新たに4区・6区案作成へ 法定協初会合(2017/6/28)

 大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想の設計図づくりについて、大阪府市の首長、議員が議論する法定協議会の初会合が27日、大阪市役所で開かれた。会合では今後、特別区の区数を4区、6区とする二つの素[続きを読む]

写真

  • 法定協議会の仕組み
  • 27日、スコットランド議会に到着したスコットランド首席大臣のスタージョン氏=ロイター
  • 高島市役所の位置と条例で定められている市有地=高島市今津町今津
  • 滋賀県愛荘町には大手企業の研究開発拠点や工場が立ち並ぶ。町外からの通勤者も多い=愛荘町
  • 滋賀県愛荘町には大手企業の研究開発拠点や工場が立ち並ぶ。町外からの通勤者も多い
  • 住民投票の実施を求め、住民団体「1/50の声。」がまとめたビラ
  • 午後11時、白夜の太陽が北極海の海氷を照らす=15日、米アラスカ州ウェインライト沖、本社機「あすか」(機長=池田隆壱、渡部直広、整備士=西村正志、航空電子装備担当=野津賢治)から、葛谷晋吾撮影
  • 細長い砂浜の端にあるキバリーナの集落=15日、米アラスカ州、本社機から、葛谷晋吾撮影
  • 中部電力は再稼働を目指し、浜岡原発を取り囲む防潮堤を造った=昨年3月30日、静岡県御前崎市、本社ヘリから
  • 橋下徹さん=大阪市北区、小林一茂撮影
  • イラスト・岩見梨絵
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ