メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 体外受精(2009年02月20日 朝刊)

    不妊治療の一つ。採卵した卵子と精子をシャーレの中で受精させて子宮に戻す。日本では06年に約3万2千人の女性に実施された。顕微鏡下で受精させる顕微授精も広い意味で体外受精に含まれ、06年に約3万4千人が受けた。妻の排卵期に合わせるタイミング療法などで妊娠しない場合に体外受精を試みることが多い。

  • 生殖補助医療(2015年05月16日 朝刊)

    体外受精などの生殖補助医療で生まれる子どもは増え続け、約27人に1人の割合だ(2012年)。日本産科婦人科学会は代理出産や第三者による卵子提供を認めない立場をとるが、法的拘束力はない。自民党のプロジェクトチームが昨年10月、代理出産を一定の条件で認めるなどの法案をまとめた。

  • 受精卵診断(2012年07月11日 夕刊)

    体外受精させた受精卵が4〜8個の細胞に分裂した段階で、遺伝子や染色体を調べ、異常のない受精卵を子宮に戻す技術。「着床前診断」とも呼ばれる。羊水中の胎児の細胞などを調べる出生前診断と違い、妊娠前に調べられる。日本産科婦人科学会は対象を重い遺伝病や染色体異常が原因の習慣流産などに限っている。

最新ニュース

不妊原因の半数は男性に 根本治療で妊娠も(2017/4/22)

 不妊治療が広まるとともに、「男性不妊」という言葉も広く知られるようになってきました。不妊のケースの半数近くに男性が関係しているとみられますが、治療で妊娠できることもあります。 男性不妊というと、「精[続きを読む]

写真

  • 男性不妊の検査と原因<グラフィック・山中位行>
  • 夫妻は「お互いを理解しようとすることは諦めなかった」という=東京都内、伊藤進之介撮影
  • 夫妻は「お互いを理解しようとすることは諦めなかった」という=東京都内、伊藤進之介撮影
  • 夫妻は「お互いを理解しようとすることは諦めなかった」という=東京都内、伊藤進之介撮影
  • 体外受精による出生児数<グラフィック・高山裕也>
  • 匿名の卵子提供のながれ
  • 匿名の卵子提供のながれ
  • 匿名の卵子提供のながれ
  • 県内産の高級ブランド豚「阿波とん豚」(県提供)
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】妻へ愛と感謝を伝える

    リラックス系ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】清水焼きの地で愛される逸品

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】首相夫人の祖母から学んだ

    宮澤エマさんの「私の一枚」

  • 【&w】お肉のうまいバル特集

    ワインバル・クルージング

  • ブック・アサヒ・コム斎藤環が相談に回答

    向かいに住む夫婦が変?

  • WEBRONZA中川氏醜聞、なぜ妻が謝罪?

    ヨメが耐えてりゃ収まる世界で

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ