メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

体罰問題

関連キーワード

  • 相原中の体罰問題(2013年11月21日 朝刊)

    22人の柔道部員の多くは、相武館吉田道場2階の寮に暮らしている。道場の館長とコーチは市教委から外部指導者の委嘱を受け、部の公式戦にも同行していた。9月20日、「道場の指導者による体罰が常態化している」との通報が市教委に寄せられた。10月9日、学校が部員にアンケートしたところ、3人が館長から暴力を受けたと訴えた。同17日に校長らが館長に再発防止を申し入れ、館長は外部指導者の辞意を表明。校長や市教委は留保したが、結局、辞任願を受理した。

  • 桜宮高校体罰問題(2013年01月27日 朝刊)

    昨年12月、バスケットボール部主将の2年の男子生徒(17)が顧問の男性教擁47)から体罰を受けた翌日に自殺。顧問による体罰が日常的だったことが明らかになり、大阪市教委は橋下徹市長の求めに応じ、体育科とスポーツ健康科学科の今春の入試をとりやめた。

最新ニュース

部活動の在り方が問われている!「部活未亡人」をつくりだし、子どもも先生も疲弊させる状況をいまこそ変える時だ!(2017/7/25)

リリース発行企業:株式会社 東洋館出版社社会学者であり部活動問題の第一人者である、内田良氏(名古屋大学)が、その問題構造と未来展望を示す! 詳細な最新データや3年以上にわたる研究成果の集大成 !株式会[続きを読む]

写真

  • アンケートに記入する松山商の野球部員たち=松山市旭町
  • アンケートに記入する松山商の野球部員たち=松山市
  • 清水桜が丘高の女子硬式テニス部では、一つの練習メニューが終わるごとに、互いに気づいたことをグループで話し合う
  • ノックバットを振るう久慈の佐々木雄洋監督=山下弘展撮影
  • スポーツ部・忠鉢信一
  • 自身の経験も交えて語った鈴木大地スポーツ庁長官=吉村真吾撮影
  • 自身の経験も交えて語った鈴木スポーツ庁長官=吉村真吾撮影
  • 山下泰裕さん
  • スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワークの亀井さん。電話相談には、亀井さんや研修を受けたスタッフが対応する=大阪府守口市
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ