メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

全国高校野球選手権大会

関連キーワード

  • 梅村学園(2010年12月02日 朝刊)

    1923年に母体となる学校が創立。愛知、三重両県で7校の大学、短大、高校などを運営し、グループ全体の学生数は約1万7500人。中核の中京大は体育、心理など11学部を持つ。バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートで銀メダルの浅田真央選手が在籍している。付属の中京高は全国高校野球選手権大会で7回優勝した強豪校。

  • 第1回全国中等学校優勝野球大会(2014年07月08日 夕刊)

    1915(大正4)年8月18〜23日、大阪・豊中グラウンドで開催。東北から九州の9地区の代表と春の都下大会で優勝した早稲田実の計10校が参加し、京都二中が優勝した。41〜45年は戦争で中断。48年から全国高校野球選手権大会になり、2018年に100回大会を迎える。

  • 阪神甲子園球場(2014年08月01日 夕刊)

    1924年8月1日、全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高校野球選手権大会)の試合会場として建てられた。両翼110メートル、中堅119メートルで、60年に一度の「甲子(きのえね)」の年だったことから「甲子園大運動場」と名付けられた。2007年に観客席の改修や銀傘の架け替えなど大規模改修工事に着手し、10年に完了した。阪神電鉄の社員約50人のほか、アルバイトスタッフや警備員が働いている。

最新ニュース

写真・図版

埼玉)全国制覇振り返る 花咲徳栄写真展 大宮で始まる(2017/9/23)

 第99回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催)で県勢初優勝を果たした花咲徳栄の写真展「花咲徳栄高校優勝の軌跡~高校野球写真展」が22日、さいたま市大宮区のそごう大宮店3階連絡通路で始ま…[続きを読む]

全国高校野球選手権大会をコトバンクで調べる

写真

  • 花咲徳栄の写真に見入る来場者=さいたま市大宮区のそごう大宮店
  • 阪神淡路大震災前の旅館「若水」=1994年ごろ、ホテル若水提供
  • シティホテル青雲荘の前で記念撮影する秋田の選手たち=2003年8月、同ホテル提供
  • 名将として知られた元上尾監督の野本喜一郎。第68回大会(1986年)の全国選手権は浦和学院を初出場に導いたが、8月8日、開幕日の夜に息を引きとった
  • 森山輝也社長(左)から葉田翔人前主将に贈られた記念プレート=松江市西津田9丁目
  • 帝京打線を相手に力投する大越投手=1989年8月22日、阪神甲子園球場
  • 広陵―広島新庄 六回表広陵無死 右前安打を放つ高田=三次きんさいスタジアム
  • 来園者にボールを配る(左から)須永、清水、太刀岡各選手=加須市志多見のむさしの村
  • 宿舎付近に住む子どもたちと、お寺の庭で野球遊びをする秋田の選手たち=1954年、兵庫県西宮市
  • 京都商が夏の甲子園初出場を決めた平安中との試合のスコア
  • 第69回秋季東北地区高校野球県大会
  • ガッツポーズする選手ら=知事公館
  • 第97回大会の3回戦、健大高崎戦の四回にスクイズで追加点を奪った秋田商。快進撃でベスト8入りした=2015年、阪神甲子園球場
  • 第92回大会、初戦で鹿児島実に0―15の大敗を喫し、スタンドにあいさつする能代商の選手たち=2010年、阪神甲子園球場
  • グラフィック・濱崎恵子
  • 夏の甲子園を振り返る作新学院の(左から)相原光星選手、添田真聖主将、小針崇宏監督ら=宇都宮市本町の朝日新聞宇都宮総局
  • 第66回大会のPL学園戦で桑田投手を強襲する安打を放つ金足農の打者。勝利間近で逆転負けした=1984年、阪神甲子園球場
  • 野村祐輔
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ