メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

八幡製鉄所

関連キーワード

  • 新日鉄八幡製鉄所(2008年07月29日 夕刊)

    1901年、官営製鉄所として操業を開始。戦前、戦後を通じて日本の産業を支えてきた。最近では九州にある自動車工場向け鋼材の生産拠点としての役割が大きくなっている。従業員数は約2950人(08年4月)。07年度の粗鋼生産量は401万トンで国内の3.3%にあたる。

  • 新日鉄八幡製鉄所の火災(2009年02月25日 朝刊)

    08年7月29日朝、折れて落下したベルトコンベヤーがガス管を損傷して出火。コークス工場周辺に燃え広がり、高炉が緊急停止した。けが人はなかったが、完全鎮火まで1週間かかった。被害額は約250億円。

  • 官営八幡製鉄所(2014年08月28日 夕刊)

    日本の近代化を牽引(けんいん)した最初の本格的な製鉄所。1901年に操業開始。以来、北九州工業地帯の中核としても重工業の発展を支えた。現在稼働中の現役施設も含めて一部は、福岡県など8県が世界文化遺産に推す「明治日本の産業革命遺産」の構成資産。今年はじめにユネスコに推薦され、来年の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

最新ニュース

写真・図版

福岡)読者が選ぶ「松本清張 この1作」 「黒地の絵」(2018/4/6)

 北九州市立松本清張記念館が開館20年を迎えたのを機に、読者の皆さんからも「松本清張 この1作」を募ったところ、多数の手紙やファクスを頂きました。寄せられた作品の感想やエピソードを紹介します。    …[続きを読む]

八幡製鉄所をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ