メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

八戸市

関連キーワード

  • 八戸市長杯カクテルコンペティション(2011年02月27日 朝刊)

    大会が始まった2009年当時は横浜市にも市長杯があった。5月の本大会には首都圏の有名店やホテルのバーテンダーのほか、特に「フレア」が盛んな台湾からも選手が来日する予定。一流バーテンダー40人のパフォーマンスが楽しめるという。

  • 県人寮(2010年01月24日 朝刊)

    入寮者を特定の都道府県や市町村の学生に限った学生寮。自治体や育英会などの関連団体が運営する寮や、個人や団体が出資した寮などがあり、旧藩校に由来する寮も多い。寮生の減少や施設の老朽化による廃止が進んでいるといい、全国の46寮が加盟する全国学生寮協議会によると、近年は滋賀県(06年)、青森県八戸市(09年)などの寮が廃止されたという。

  • 世界子ども愛樹祭コンクール(2011年04月27日 朝刊)

    「絵画」「詩・作文」「木はがき」の3部門で児童、生徒を中心に作品を募り、それぞれ最高賞である森の大賞、次点のみどりの賞などを選ぶ。これまでの応募総数は6万769点。20回目のコンクールには3部門で計2451点の応募があり、絵画部門では青森県八戸市の中村文香さん(小6)、詩・作文部門では宮城県大河原町の清水聖生さん(小5)、木はがき部門では筑後市の冨田結香さん(小2)、朝倉市の小島美重子さん(61)が森の大賞に選ばれた。表彰式は3月27日にあった。

最新ニュース

写真・図版

青森)野辺地の土偶、愛称つけて 大型なのに自立(2018/1/19)

 野辺地町で出土し、国の重要文化財にも指定されている土偶に親しみを持ってもらおうと、町が愛称を募っている。大型なのに自立できる土偶は珍しく、国内外の博物館から貸し出し依頼は絶えないが、つがる市の「遮光…[続きを読む]

写真

  • 愛称募集中の土偶=野辺地町立歴史民俗資料館提供
  • 「漁火の会」の須知ナヨ会長(左)と北村弘子事務局長。須知さんの手には次女ひろみさんの写真=釜石市中妻町3丁目
  • 協定を結び握手する葛西市長(左)と岩本理事長。締結式には捜索犬のイチゴ(左)と大も参加した=弘前市役所
  • 県代表の八戸市立新井田小サクソフォン四重奏=八戸市公会堂
  • クラブを手に持つ楢山忠さん=おいらせ町
  • 初の県代表に選ばれた八戸市立第一中のクラリネット四重奏=八戸市公会堂
  • 昨年末から売電を開始した県農民組合主導のメガソーラー発電所=十和田市相坂の高見地区
  • アキラトアリキノアラタナアリタ 現代陶芸としての有田焼
  • 検診車による集団検診で胃がん検診を受ける様子=南部町
  • W杯ロシア大会に6大会連続で挑むサッカー日本代表
  • スポーツ大使に委嘱された小原日登美さんと、寄贈したシューズ=八戸市役所
  • オーケストラに合わせ歓喜の歌を披露する第九の会のメンバーや地元中高生=むつ市金谷
  • 「そば打ち体験」に挑戦する受講者=八戸市の「山の楽校」
  • ミニボートを漁船に積み込む子どもたち=八戸市大久喜漁港
  • 「八戸多目的アリーナ」の内観イメージ図
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】色で楽しむ真冬のコーデ

    マイケル・コースの魅力とは?

  • 写真

    【&TRAVEL】絵になる古都、刺繡とパン

    ウズベキスタン、女子一人旅

  • 写真

    【&M】世界6大マラソン参加へ

    エントリー枠確保への4ルート

  • 写真

    【&w】母から伝わる和食レシピ

    野村友里さんの人気連載が本に

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム21世紀の福沢諭吉像

    「色あせない像を示したい」

  • 写真

    WEBRONZA大地震への新しい備え方

    予知前提、40年ぶり見直し

  • 写真

    アエラスタイルマガジンポルシェのあのモデルが復活

    半世紀の時を経てファンを魅了

  • 写真

    T JAPANファッションは

    温故知新か、革新か――

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ