メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 公的年金担保融資(2011年10月28日 朝刊)

    国民年金や厚生年金、労災年金の受給者が受給の権利を担保にして借り入れできる制度。金利は1.6%(労災年金は0.9%)。09年度の融資残高は1863億円。年金を受け取っている金融機関が窓口になる。福祉医療機構の調査では、利用者の58%が年収200万円未満の低所得者だった。

  • 公的年金の支給(2010年09月11日 夕刊)

    2、4、6月など偶数の月に、2カ月分ずつ年6回支払われる。例えば4月分と5月分の年金は、6月にまとめて口座に振り込まれる。後払いにする理由について、厚生労働省は「受け取れる権利が確定してから支給しているため」と説明している。

  • 地方議員年金制度(2010年11月27日 朝刊)

    地方議員年金は1961年、任意加入の互助年金として始まった。だが、翌年に強制加入になり、公的年金の性格を帯びた。71年の統一選後に退職者への一時金が膨れあがり、地方交付税などによる公費負担が始まった。以後、掛け金率と公費負担率は増え続けたが、給付水準については、しばらく手はつけられなかった。その後、「平成の大合併」に伴う急激な議員数減少もあり、2002年と06年に大幅に制度改正し、現職の将来の給付額が3割、退職者の給付額も1割減額された。現在、公費負担は掛け金総額の約4割となっている。

最新ニュース

年金運用、8兆円黒字 GPIF、株高で 10~12月期(2017/2/18)

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による公的年金の運用で、2016年10~12月期の運用益が8兆円以上の黒字の見込みであることが分かった。世界的な株高が影響した。四半期の運用益としては、株式[続きを読む]

公的年金をコトバンクで調べる

写真

  • GPIFの運用損益と運用資産額の推移
  • 個人型DCの仕組みと背景
  • 障害年金の仕組み
  • 負担した保険料に対する国民年金の割合は世代間で異なる
  • 新しい年金減額ルールとその背景

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ジムも旅もスタイルが大事!

    「エアー」のバッグでモダンに

  • 【&TRAVEL】どっぷり本に浸る古書の旅

    インテリアに浮世絵はいかが?

  • 【&M】千野麻里子さん

    杜氏17年、毎年が1年生

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA児相が虐待を防せげない理由

    通告が急増、年10万件に

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ