メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

公聴会

関連キーワード

  • 公聴会(2014年02月26日 朝刊)

    国会の委員会が中央と地方で開き、有識者ら公述人の意見を聴いて、予算案や重要法案の審議の参考にする。新年度予算案では採決前に必ず開かなければならない。ただ、公述人の意見を受けて予算案や法案の内容が修正されることはほとんどない。

  • ガス料金の値上げ(2009年03月20日 朝刊)

    ガス料金を計算する基準になる天然ガスなど原燃料の費用を1.6倍以上に引き上げる場合、国が原価を詳しく調べたり、公聴会を開いたりすることが義務づけられている。ガスや電気は代わりの業者を選べないからだ。今回の大分ガスの値上げは基準の原燃料価格を3.7倍に引き上げた。

  • 品質問題(2010年09月04日 朝刊)

    2009年8月、米カリフォルニア州でレクサス車が暴走し、乗員4人が事故死。米国でトヨタの品質に対して不信が高まる。トヨタは11月、フロアマットがずれ、アクセルペダルが踏んだ状態から戻らなくなる恐れがあるとして、400万台を超えるリコール(回収・無償修理)を発表した。その後もアクセルやブレーキ関連の不具合が執に判明。日本では、ハイブリッド車「プリウス」など22万台をリコールした。米議会下院は今年2月、豊田章男社長を公聴会に招致。米運輸省は、欠陥を知りながら当局への報告が遅れたなどとして、自動車メーカーとしては過去最高の制裁金約15億円を科した。トヨタ車の所有者らは損害賠償などを求めて集団訴訟を起こしている。

最新ニュース

キューバのハバナで17日、スパイ容疑で拘束された3人のキューバ人を米国が釈放したとの発表を受け、喜んで行進する学生たち=AFP時事

(時時刻刻)国交交渉、透ける実利 米・キューバ、関係改善へ(2014/12/19)

 半世紀にわたる対立を経て、米国とキューバが関係改善に踏み出した。大胆な政策転換はオバマ米大統領のかねての悲願で、実績をつくりたい思いがにじむ。一方のキューバは、米国との関係改善によって、経済を好転さ[続きを読む]

PR情報

写真

  • キューバのハバナで17日、スパイ容疑で拘束された3人のキューバ人を米国が釈放したとの発表を受け、喜んで行進する学生たち=AFP時事
  • 候補者の演説に拍手を送る聴衆=10日、福島市
  • タカタ製品を展示した都内のショールーム=8日、東京都江東区
  • 破裂でぼろぼろに破れたエアバッグ(右)。車内には金属片(左)が転がっている=廃車ドットコム岐阜提供
  • エアバッグの破裂でフロントガラスが大破したトヨタ自動車製「WiLLサイファ」
  • アシュトン・カーター氏=AP
  • 米議会下院の公聴会に臨むタカタや自動車メーカーの幹部ら=3日、ワシントン、五十嵐大介撮影
  • 米議会下院の公聴会に臨むタカタや自動車メーカーの幹部ら=3日、ワシントン、五十嵐大介撮影
  • 日本と米国のリコールの流れ

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング年末年始の人気旅行地は?

    出発のピークは12月28日

  • ブック・アサヒ・コム松尾貴史さんの忘れない本

    省エネな浅瀬川流遊び方に衝撃

  • 【&M】爆笑! 清水ミチコの物まね

    12月の国内ポピュラー音楽

  • 【&w】熱々のラクレットをほお張る

    スイス伝統料理とワインの店

  • AstandSTAP騒動とは何だったのか

    発見から現在までをふりかえる

  • 写真

    ハフポスト日本版 「東海道五十三次」

    実は53枚ではなかった

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報