メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

公職選挙法改正案

関連キーワード

  • 一票の格差を巡る動き(2010年07月05日 夕刊)

    最高裁は1976〜96年、一票の格差について、衆院選で4件の「違憲」や「違憲状態」、参院選で1件の「違憲状態」とする判断を示した。前回参院選についての判決は「合憲」だったものの、判事15人の意見は合憲10、違憲5に割れた。参院各会派による参院改革協議会の専門委員会は今春、定数配分を見直す公職選挙法改正案を来年にまとめる方針を決めたが、具体的な内容は未定だ。

  • 衆議院議員選挙区画定審議会(2016年01月13日 朝刊)

    衆院小選挙区の区割り見直しを首相に勧告する組織。小選挙区比例代表並立制の導入に合わせ、1994年に設置された。有識者7人で構成され、10年ごとの大規模国勢調査の結果をもとに区割りの改定案を作る。政府は勧告を踏まえ、国会に区割りを変更するための公職選挙法改正案を提出する。

  • 在外選挙制度(2012年02月10日 朝刊)

    在日韓国人らが2004年、国政選挙権が認められないのは基本的人権の侵害と訴え、07年に韓国の憲法裁判所が違憲と判断。09年に公職選挙法改正案が可決され、4月の総選挙から導入される。日本の国立国会図書館の調べによると、在外選挙制度は日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、イタリアなどにも設けられている。日本の場合、10年7月の参院選比例区では推定有権者約84万9千人に対し、実際に投票したのは3%だった。

最新ニュース

株式会社クオリティア:標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone、JIPDECの「安心マーク」を実装し偽装メールを区別(2017/9/26)

株式会社クオリティア(東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、“目視”による標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」に、一般財団法人日本情報経済社会推進協会…[続きを読む]

写真

  • 参院本会議で衆院選小選挙区の区割りを見直す改正公職選挙法が可決、成立した=9日午前10時8分、岩下毅撮影
  • 田中康夫が初当選した2000年の長野県知事選当時は、ネットがいまほど浸透していなかった。対応を担った高橋茂は「目に見えない部分で、ゲリラ的な戦略で使った」と振り返る
  • 「私は辛党!」。カレーを試食できる自民党ブース
  • 衆院本会議で、衆院選小選挙区の定数を「0増6減」し、97選挙区の区割りを変更する公職選挙法改正案が可決された=1日午後1時11分、岩下毅撮影
  • 衆院選小選挙区の定数配分見直し
  • 支持を訴える共に民主党の文在寅候補=8日、ソウル、遠藤啓生撮影
  • 「文在寅1番街」のスマートフォンサイト。4日午前にアクセスすると、トップページにはニュース番組のように文候補の政策を紹介する動画があった
  • 大統領選の候補者に声援をおくる有権者ら=8日、ソウル、遠藤啓生撮影
  • 衆院小選挙区の区割り見直し対象となる19都道府県
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ