メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

公職選挙法

関連キーワード

  • 公職選挙法とポスター(2009年08月11日 朝刊)

    公職選挙法では、衆院議員の任期満了の6カ月前以降、立候補予定者の個人ポスターの街頭掲示を禁止している。しかし、政党のポスターは禁止対象となっていないため、党首1人だけのものや党首と予定者が一緒に写ったポスターは政党ポスターとみなされ、掲示可能だ。ただし公示以降は、候補者の名前などが記載されたポスターは、定められた掲示場以外では掲示できない。

  • 公職選挙法139条(抜粋)(2011年04月20日 朝刊)

    選挙運動に関し、いかなる名義を問わず、飲食物(湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子を除く)を提供することができない。ただし、選挙運動の従事者や使用者に対し、候補者1人につき政令で定める弁当料の額の範囲内で、かつ15人分(45食分)に告示日から選挙の前日までの日数を乗じた数を超えない範囲内で選挙事務所で提供する弁当についてはこの限りでない。

  • ネットと公職選挙法(2012年12月13日 夕刊)

    インターネットを使った選挙運動は認められていない。公選法142条は、選挙運動に使えるはがきやビラの数を定め、それ以外の「文書図画」を多数の人に配ることを禁じているため、ホームページやメールなどで投票依頼などをすればこの規定に抵触する。2010年、候補者や政党に選挙期間中のホームページやブログの更新などを認めるネット選挙解禁で与野党が合意。公選法の改正案が衆議院に提出されたが解散で審議未了、事実上の廃案となった。米国や韓国などではネットでの選挙運動は認められている。

最新ニュース

写真・図版

新潟)選挙制度など学ぶ 県立八海高校(2017/9/27)

 南魚沼市の県立八海高校で26日、生徒たちを対象に主権者教育講演会が開かれた。テーマは「選挙について考えてみよう」。安倍晋三首相が25日に衆院の解散を表明したばかりとあって、生徒たちも真剣な表情で聴き…[続きを読む]

写真

  • 選挙制度などについて説明する講師の関雅夫弁護士=八海高校
  • 村井嘉浩宮城県知事
  • 合区をめぐる経緯と論点
  • 県議選の選挙区
  • 新しい区割りで投票所が一部地域で変更となる札幌市西区では、チラシの配布も検討している=札幌市西区役所
  • 土曜午前に催された「カフェDE議会」。議員のなり手不足などについて町民と町議がざっくばらんに語った=5月20日、北海道浦幌町、若松聡撮影
  • 土曜に催された「カフェDE議会」。町民と議員(手前)がざっくばらんに語った=5月、北海道浦幌町、若松聡撮影
  • 安倍政権の抱える課題/9月28日解散の場合に想定される選挙日程
  • 全議員が出席した占冠村議会の総務産業常任委員会。議員定数は8だが、欠員1が続く=12日、占冠村
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ