メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 内閣法制局(2015年11月24日 朝刊)

    法律面で内閣を直接補佐する機関で、憲泡法律の解釈について首相や大臣に意見を述べる「意見事務」、政府提出の法案や政令案に欠陥や矛盾がないか審査する「審査事務」を行う。意見、審査事務に携わる参事官は各省庁から出向した官僚が務める。長官は国会答弁も担当する。

  • 内閣法制局長官(2013年08月02日 夕刊)

    内閣法制局は憲法をはじめとする法令に関して内閣や首相、閣僚に意見を述べ、内閣が国会に提出する法案や政令、条約を審査する役割がある。法制局長官は内閣を補佐する立場から憲法を含む法令の解釈について国会答弁を重ねており、「法の番人」とも称される。「政治主導」を掲げた民主党政権は一時、法制局長官の答弁を禁止していたこともある。

  • 閣僚の定数(2011年10月14日 朝刊)

    内閣法は「14人以内とする。特別に必要がある場合は17人以内とできる」と定めている。菅政権は今年5月、復興対策などのため、内閣法と内閣府設置法の改正案を国会提出。閣僚3人、副大臣と政務官各6人の増員をめざしたが、野党の反対で廃案になった。

最新ニュース

宮内庁から「退位の意向」 その時、首相官邸は…(2017/4/11)

 天皇陛下の退位をめぐり、宮内庁と首相官邸が初めて正面から向き合ったのは、2015年秋のことだった。 「12月23日の陛下の誕生日会見で、お気持ちを表明していただこうと思っています」。この頃、宮内庁の[続きを読む]

内閣法をコトバンクで調べる

写真

  • 退位をめぐる推移と主な出来事
  • 退位をめぐる推移と主な出来事
  • 閣議決定された政府答弁書/菅官房長官の発言
  • 閣議決定された政府答弁書/菅義偉官房長官の発言
  • 安保関連法に基づき開始した主な新任務
  •   
  • 米国の「入国禁止令」をめぐる動き
  • 「とりまとめ」を安倍晋三首相(右から2人目)らに手渡す大島理森衆院議長(同3人目)、伊達忠一参院議長(同4人目)ら=17日、岩下毅撮影
  • 市川正人・立命館大法科大学院教授(憲法学)
  • 2005年提出の政府案/今回の政府案
  • 集団的自衛権の行使容認をめぐる経緯と取材や文書から浮かぶ事実/「想定問答」の文書をめぐる内閣法制局の主張は妥当だったか?
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】旅行をもっと快適に!

    人気スーツケースはコレ

  • 【&TRAVEL】ホテルでGWを楽しもう

    連休限定サービスも〈PR〉

  • 【&M】家電メーカーと協業ドルガバ

    ミラノの国際家具見本市

  • 【&w】コーネンキなんてこわくない

    横森理香さんインタビュー

  • ブック・アサヒ・コム斎藤環が相談に回答

    向かいに住む夫婦が変?

  • WEBRONZA福井晶一さんインタビュー

    『レ・ミゼラブル』主役3回目

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ