メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

再利用

関連キーワード

  • 青森県六ケ所村の核燃料再処理工場(2008年09月29日 朝刊)

    全国の原発から運ばれてくる使用済み燃料からプルトニウムやウランなどを取り出し、再利用する核燃料サイクル政策の要の施設。日本原燃(本社・六ケ所村)が06年3月から本物の使用済み燃料を使う試験運転を開始。問題がないと国が判断すれば、関係自治体と安全協定を結び本格運転に入る。

  • 鳥取市の雨水貯留管工事問題(2008年12月18日 朝刊)

    豪雨などに備えて市中心部約1・7キロの県道の地下に雨水貯留管を埋設する事業。昨年2月に大手ゼネコンを中心とする共同企業体が約26億円で落札。掘削した土壌は再利用する契約だったが、着工後、環境省が定める基準値を上回るヒ素やフッ素が土壌から検出された。市が契約変更の手続きを経ずに施工業者に契約外の土壌の焼却処理を認めたため、事業費が43億円に膨らむ見通しとなり、今月8日の市議会に報告された。埋設用トンネルの掘削工事の進捗(しんちょく)率は約6割で、追加予算のめどが立たないまま、すでに1万立方メートルほどの汚染土壌が福岡県のセメント工場で焼却処理を終えている。

  • RO膜(2009年05月16日 朝刊)

    濾過用の膜の一種で、逆浸透膜の略称。ほとんど水分子しか通さない超極小の穴が多数ある。塩分などの不純物が溶け込んだ水に圧力をかけて膜を通過させると、真水だけを取り出せ、海水の淡水化や廃水の再利用に使われる。中東や欧米で淡水化施設の建設が相次ぐなどして市場が拡大。世界で約600億円規模(07年度)になったとされる。

最新ニュース

コンテンツの精読に必要な語彙力を効果的に習得するWORD PLANNER 英語学習WEBサービス 東京サマーキャリアフォーラム 2018 特別セミナーに登場(2018/6/20)

株式会社KPO(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役社長:小島 章利)は、東京サマーキャリアフォーラム 2018に参加する留学生向けに、語彙力向上を目的として、6月23日(土)14:30&#xff…[続きを読む]

写真

  • 実家近くの東北電力南相馬変電所の前に立つ佐々木秀三さん
  • 1991年の第73回大阪大会抽選日に持ち寄られた破損金属バットを手に取る牧野直隆・日本高野連会長(当時)=大阪市
  • 春日神社の拝殿に使われた木材から見つかった墨書=神河町教育委員会提供
  • 核燃料サイクルについて語る渡辺謙一さん=2018年6月10日、大阪市中央区大手前2丁目
  • 「マイマリモ」を手にする中学生=2018年6月14日午後4時45分、北海道釧路市阿寒町、高田誠撮影
  • 「君は天然色」を収録した故・大滝詠一さんの名盤『A LONG VACATION 30th Edition』
  • ブランドワカメの荷札木簡。左から、常陸国酒烈埼、下総国酢水浦、阿波国牟屋海。右端の木簡は、荷物にくくり付けるためのひもが残る珍しい例でもある=奈良文化財研究所提供
  • 沖縄県内最大の福地ダムも赤土の地肌が目立つ=5月30日、東村(沖縄タイムスチャーターヘリから下地広也撮影)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ