メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

出先機関

関連キーワード

  • 国の出先機関と統廃合問題(2009年11月20日 朝刊)

    中央省庁が地方に設置している機関。国道や1級河川の管理をする地方整備局(国交省)、土地改良事業や統計調査をする地方農政局(農水省)など。出張所などを含め、約3400カ所がある。国の行政機関の定員約31万人のうち、出先機関の職員は19万2732人で3分の2を占める。地方分権改革推進委員会は出先機関の統廃合が必要と主張。08年12月の第2次勧告では、地方整備局・農政局など6組織を「振興局」「工務局」の2組織に統廃合▽3万5千人の人員削減、うち2万3千人の地方移管など具体策を示し、国に計画作成を求めた。だが、麻生政権が09年3月に発表した「工程表」には人員削減などが明記されず、「骨抜き」批判を浴びた。

  • 出先機関の廃止方針(2010年09月06日 夕刊)

    無駄を排し地方分権を進める観点から、民主党が昨年夏の総選挙の政権公約(マニフェスト)に盛り込んだ。首相や主要閣僚、有識者らでつくる「地域主権戦略会議」がどの出先機関を統廃合するかを検討している。14日に投開票される民主党代表選でも、菅直人首相は「出先機関の統廃合を行う」、小沢一郎前幹事長も「国の地方支分部局は廃止する」とそれぞれ公約に盛り込んでいる。

  • 出先機関改革(2012年08月31日 朝刊)

    国土交通省地方整備局や農林水産省農政局など中央省庁の地方機関を廃止して、自治体に権限や事務を移す改革。二重行政を解消して職員数や予算を減らし、自治体の自主性を強める地域主権改革が狙いだ。出先機関の原則廃止や2012年通常国会への法案提出は閣議決定されている。

最新ニュース

良田平田遺跡で出土した木簡の赤外線画像=奈良文化財研究所提供

飛鳥時代 公的施設存在か(2014/07/22)

鳥取・吉田平田遺跡の「文書木簡」◆中国地方最古 県教育文化財団と奈文研分析 鳥取市の良田平田(よしだひらた)遺跡で見つかった中国地方最古の「文書(もんじょ)木簡」(7世紀末~8世紀初め)のほぼ全容が明[続きを読む]

PR情報

写真

  • 良田平田遺跡で出土した木簡の赤外線画像=奈良文化財研究所提供
  • サッカーワールドカップの決勝戦があったブラジルのリオデジャネイロで13日、ドイツ人サポーターともめ事を起こし、警察に拘束されたアルゼンチンサポーター=小山謙太郎撮影
  • 福島市内の最高路線価となった福島駅前通り。テナントの空室率は改善した=福島市栄町
  • 琉球王国史に足跡を残した渡来人「久米36姓」ゆかりの地に建つ福州園は、中世より続いてきた中国との交流から生まれた
  • 高層ビルの合間に広がる国有地(写真中央の空き地)。隣接する空きビルも一緒に高層ビルに生まれ変わる=東京都千代田区大手町
  • ビルの合間に広がる国有地(写真中央の空き地)。隣接する空きビルも一緒に高層ビルに生まれ変わる=東京都千代田区大手町
  • 国費、助成金の主な流れ
  • 医療費のしくみ
  • 医療費のしくみ
  • 迷惑電話チェッカー(左)と、録音機能付き留守番電話装置。いずれも、電話機につなげることで簡単に使用でき、振り込め詐欺の防止に役立つという
  • 16日、セウォル号から救出されるイ・ジュンソク船長(中央右の裸足の男性)。現場に到着した救助隊員が撮影した映像から=韓国海洋警察庁提供
  • セウォル号の沈没事故で、海上から警備艇で現場に最初に到着した海洋警察庁のキム・ギョンイル艇長が、救助活動で船窓を割るために実際に使ったハンマーを手にしながら、報道陣に当時の状況を語った=28日、韓国南西部・珍島、安仁周撮影
  • 4月16日午前、韓国南西部・珍島付近で大きく傾いたセウォル号から救出されるイ・ジュンソク船長(中央右の裸足の男性)。海上から現場に真っ先に到着した警備艇の救助隊員が携帯電話で撮影した映像から=韓国海洋警察庁提供

注目コンテンツ

  • ショッピング国内初の自作ロボット専門店

    UFOの中を探索できますか?

  • ブック・アサヒ・コム日本の「手仕事」を知る

    心と直接つながる実用の美

  • 【&M】レースがクルマを発展させた

    トヨタ博物館(6)

  • 【&w】今日のヒント

    <消えない消しゴム>最終回

  • Astand宝塚の美弥、心配なのは夏バテ

    細身すぎる肉体、好物は…

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界の巨大な穴10選

    見つめていると吸い込まれそう

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報