メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

出生前診断

関連キーワード

  • 出生前診断(2012年08月29日 夕刊)

    胎児の異常を調べる検査。35歳以上の高齢出産の増加に伴い、検査を受ける人は増えている。ダウン症などの染色体異常のほか、脳や心臓の異常などがわかる。異常が見つかった場合、十分なカウンセリングを受けないまま中絶が選ばれる可能性もあり、「命の選別につながる」という倫理的問題も抱える。母体保護法は胎児の異常を中絶の理由として認めていないため、母体の健康などとの拡大解釈で中絶されているのが実態だ。

  • 新型出生前診断(2014年01月21日 朝刊)

    妊婦の血液中にある胎児のDNA断片を解析して三つの染色体について異常を判定する。検査が可能なのは、ダウン症の21トリソミー、精神遅滞や発育異常が出る13トリソミーと18トリソミー。費用は約21万円。日本産科婦人科学会は、検査対象を、35歳以上の妊娠と、ほかの検査で染色体異常が疑われる場合に限定した。一部のクリニックでは独自に海外の診断機関と提携する動きもあり、学会が注意を呼びかけている。

  • 新型の出生前診断(2013年04月28日 朝刊)

    妊婦の血液で胎児の3種類の染色体異常が高い確率でわかる。採血だけで簡単にでき、「十分な情報がないまま検査を受ければ命の選別につながる」との指摘もある。日本産科婦人科学会は指針で、対象を他の検査で染色体異常が疑われた場合や高齢妊娠などに限定。「十分な遺伝カウンセリングができる」と日本医学会が認定した施設のみで行う。現在15病院が認定されている。血液は米国の検査会社に送られ、2週間で結果が出る。

最新ニュース

義理の両親とまた元のような関係に戻りたい。浜松市の女性は解決策を懸命に探している=浜松市

ダウン症の子を授かって 悩み戸惑い、深まった家族の絆(2014/11/09)

 ダウン症の子どもを授かった2組の夫婦を浜松市に訪ねた。一方の母親は義父母との間に生まれた距離に悩んでいた。他方の父親は、育児への意欲を失いかけたが、克服して家族の絆を深めていた。それぞれの子どもは元[続きを読む]

出生前診断をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 義理の両親とまた元のような関係に戻りたい。浜松市の女性は解決策を懸命に探している=浜松市
  • 現在の読み取り方法(イルミナの例)/開発中の読み取り方法(大阪大の例)
  • ダウン症の子の笑顔を撮影した写真=各務原市那加桜町2丁目
  • 遺伝子検査「マイコード」のサービス開始会見で検査キットを手にする著名人たち=12日、東京都港区
  • DNA検査は、ヒトの命のあり方を変え始めている
  • DNA検査は、ヒトの命のあり方を変え始めている
  • タイ中部シラチャーの病院で4日、ダウン症の赤ちゃんを抱き上げるタイ人の代理母=AFP時事
  • タイの病院で3日、ダウン症の赤ちゃんを抱くタイ人の代理母=AP
  • 元々は物理学者。「生物学の道に方針転換したことを、後悔したことはありません」=東京都内、井手さゆり撮影

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング上司に内緒でこたつ導入

    ひとり暖房で冷え知らず

  • ブック・アサヒ・コム小説は事実より奇なり

    京都不審死事件を予言?

  • 【&M】スーパーGT最終戦

    練習走行から決勝までを写真で

  • 【&w】「時計が似合う人」に鈴木京香

    美しく時を重ね続けて

  • Astand羽生結弦という人間

    誰にも止められない強さ

  • 写真

    ハフポスト日本版 画像で比較してみたら…

    アジア人女性たちの「美容整形通い」は止まらない

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報