メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

刈羽村

関連キーワード

  • 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(2009年04月08日 朝刊)

    新潟県柏崎市と刈羽村にまたがり、約420万平方メートルの敷地に沸騰水型炉(BWR)5基、改良型沸騰水型炉(ABWR)2基の計7基がある。85年9月に1号機が運転を開始。7基の合計出力は821・2万キロワットで、1カ所の発電所としては世界最大。07年7月の中越沖地震で運転中の4基が緊急停止した。

  • 直接請求(2011年12月10日 夕刊)

    地方自治法で定められた住民の権利。地方政治の重要事項に住民の意思を直接反映させるための制度と位置づけられる。直接請求の内容が議会で可決され、原発に絡む住民投票が国内で実施された例は過去に3例ある。原発の誘致・建設やプルサーマル計画をテーマに新潟県巻町(現新潟市)、刈羽村、三重県海山町(現紀北町)であり、いずれも反対多数で誘致などの動きは止まった。

  • 原発をめぐる住民投票(2011年10月17日 夕刊)

    総務省によると、住民の直接請求により、原発問題の住民投票が実現した例は国内で過去に三つある。1996年8月の新潟県巻町(現新潟市)、01年5月の新潟県刈羽村、同年11月の三重県海山町(現紀北町)だ。巻町と海山町では原発の誘致や建設、刈羽村では既存の原発へのプルサーマル計画導入がテーマとなった。住民投票ではすべて反対が多数となり、誘致などの動きは止まった。

最新ニュース

5~7号機側の立て坑の最深部。原子力規制委員会が現地調査に入った=10月31日、柏崎刈羽原発、代表撮影

新潟)追加の断層調査は越年へ 東電柏崎刈羽原発(2014/12/17)

 東京電力柏崎刈羽原発の敷地内外で進む追加の断層調査で、東電は18日にも、1~4号機側の立て坑周辺で新たなボーリング調査を始める。立て坑調査に加え、断層データの拡充のために必要と判断した。断層調査全体[続きを読む]

刈羽村をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 5~7号機側の立て坑の最深部。原子力規制委員会が現地調査に入った=10月31日、柏崎刈羽原発、代表撮影
  • 候補者の訴えに耳を傾ける有権者たち=茨城県東海村須和間、村田悟撮影
  • 大きな揺れで、建物が崩れ落ちた=長野県白馬村、長野朝日放送提供
  • 地震で倒壊したり、傾いたりした建物=23日午前1時5分、長野県白馬村神城・堀之内地区
  • 電力10社の大震災時の原発依存度と最近の業績
  • 日本海沿いを走る国道352号。柏崎市が策定した避難計画の避難経路に指定されている。海抜4メートルを示す表示も=柏崎市
  • 7号機のフィルター付きベントについて、東電の担当者から説明を受ける「地域の会」のメンバー=東京電力柏崎刈羽原発
  • 会田洋市長=新潟県柏崎市
  • エネルギー基本計画が閣議決定され、首相官邸や国会の前では、撤回を求める人たちなど大勢が集まり、プラカードを掲げ抗議の声をあげた=11日夜、東京・永田町、時津剛撮影
  • 茂木敏充経済産業相(右)から新再建計画の認定書を受け取る東京電力の広瀬直己社長=15日午後、東京・霞が関の経済産業省、河合博司撮影
  •   
  • 手引を手に大震災を振り返る菅原康雄さん=仙台市宮城野区 地震動予測地図
  • 東京電力柏崎刈羽原発7号機に取り付けられるフィルター付きベントのタンク=22日、富田洸平撮影
  • 柏崎刈羽原発1号機でもフィルター付きベントの工事が進んでいた=2日午前、江渕崇撮影

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング年末年始の人気旅行地は?

    出発のピークは12月28日

  • ブック・アサヒ・コム松尾貴史さんの忘れない本

    省エネな浅瀬川流遊び方に衝撃

  • 【&M】爆笑! 清水ミチコの物まね

    12月の国内ポピュラー音楽

  • 【&w】熱々のラクレットをほお張る

    スイス伝統料理とワインの店

  • AstandSTAP騒動とは何だったのか

    発見から現在までをふりかえる

  • 写真

    ハフポスト日本版 「東海道五十三次」

    実は53枚ではなかった

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報